Ghoti

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Ghoti(ごうぉっち)とは、英国でよく取れるである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「Ghoti」の項目を執筆しています。

概要[編集]

ゴウォッチとは英国でよく見かける魚であり、魚そのものの代名詞としても通用している。本来、魚は英語でFishだが、ゴウォッチといったほうが英国通ぶることが出来るだろう。ゴウォッチと聞こえたら、文節から魚そのものかゴウォッチという魚かどうか判断しなければならないため、TOEIC試験などでは難題として認識されている。

起源[編集]

一部ではゴウォッチは英国が原産とされている。だが、ルーツはオランダの北部にあるとされる。北部では魚といえばゴウォッチだった。オランダ北部では食卓にたびたび登場し、彩りとおいしさを加えていた。それを美食家で知られるフランス人が何とかして取り寄せたとされる。フランスがイギリスを占領する際にも持って行った。フランス人たちはオランダでしか取れないこの魚をイギリスで養殖しようとし、実際にイギリスで繁殖させて見せた。その結果、オランダ原産のゴウォッチよりもイギリス産のほうが有名になってしまったのだ。ちなみに、味はオランダ産のほうがいいとされる。

呼び名[編集]

Ghotiという綴りを一発でゴウォッチと呼べる人間は少ない。なぜならghは英語ではrightやnightのように発音しないことが多く、初見の人はオチと読んでしまうからである。実際はGを発音するためゴウォッチと呼ぶ。

また、イギリスでこの魚が魚の代名詞となっているため、フィッシュとも発音されることがあるが、こんな綴りでフィッシュと読めるわけないことからみても誤りである。なぜこれをフィッシュと読めると考えた人がいるのか不思議でならない。

関連項目[編集]