ケセン語

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ケセン語」の項目を執筆しています。

ケセン語(ケセンご, 漢字表記:気仙語,氣仙語, ケセン式ローマ字表記:kesengo)とは、日本の釜石県気仙地方(気仙沼大船渡など)に住んでいる少数民族ケセン人によって話される言語。

東亜のどの言語体系ともかけ離れた文法と発音を有し古ノルド語と関連があると見る向きもある。類縁に当たる言葉としては吉里吉里語がある。

ケセン語の特徴[編集]

ケセン人はカトリック教徒が大多数を占めているので、その言葉の慣用句やことわざはほとんど聖書からの引用である。

表記[編集]

仮名でなくラテン文字によって表記する。

文法[編集]

主語+(目的語)+動詞が一般的であり世界でも珍しい文法構造を持つ言語である。 否定疑問文に対する応答が、肯定するときは否定文で、否定の時は肯定文である。

音韻[編集]

シとス、チとツ、ジとズとヂとヅを区別せず、一音節の中に二つの母音成分を持つ二重母音を有し、また、カ行とタ行の音が濁音化するなどの音韻上の特徴を持つ。したがってガ行の濁音と鼻濁音とは明確に対立する。

CLANNADの言葉をケセン語に翻訳した文例[編集]

  • Jiraisafumundeneedo。(日本語訳:地雷を踏むなよ。)
  • Odogonokadeeyuujyousakowareruidsubannogenin、sorehaonagoda。(日本語訳:おとこのかたい友情がこわれる1番の原因、それは女だ!)
  • Kyuyakuseisyosamiro、adamubadaragusasedanohaibudabedo。(日本語訳:旧約聖書を見ろ、アダムを堕落させたのはイブだ!)

関連項目[編集]