UnNews:日帝IWC脱退

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

【2019年03月22日配信】

日本は、「クジラ資源を残しながら捕鯨するのが設立の趣旨であり、運営の目的なのに、数字と関係なく捕鯨を禁止する意味のない機関」、通称IWCから脱退する意向を示した。この表明によって日本は無駄な数千万円の支出がなくなる。

アメリカの(乱獲おかまいなしの)捕鯨船の寄港地として開国された当時からひたすら全世界(白人中心の世界)を挑発してきた日本がこのような真っ当な発表をしたことは、(先住民による捕鯨が今もなされている)アメリカをはじめとした(クジラのほうがイエローモンキーより賢いと考えているであろう優生思想を断ち切れていない二枚舌の)欧米諸国に驚きを与えている。

海のテロリスト」は日本時間5時ごろに会見を開き、代表が「黄色いサルは賢くない牛(出来れば儲かるからオーストラリア産で)か、(増えすぎて困っているので大量に殺している)カンガルーでも食ってろ」とコメント。日本でも世界でも怒りを爆発させる人が発生した。今後の動向が注目される。

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ