UnNews:新党「国民の生活が第一」が在日中国人向けの無料相談所を設置

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

【23日(JST),東京】

小沢一郎代表が率いる新党「国民の生活が第一」は22日、日本で就労や留学を行なっている在日中国人向けの無料の生活相談所を東京及び福岡に設置することを発表した。

この決定は以前から在日中国人の団体を通して受けていた要望を具体化したもので、「国民の生活が第一」は日本人の党員から集めた党費およそ1億500万円を用いて、福岡市博多区および東京都豊島区に事務所を取得する予定であるという。事務所は朝9時から夜10時まで受付を行う予定で、中国人スタッフと日本人スタッフが常駐する予定。開設後には、中国人から「不法就労のやり方」や「生活保護の外国人に対する申請」などの、身近なさまざまなトラブルに関する相談が寄せられるものと期待されている。「国民の生活が第一」の担当者は、今回の取り組みについて「中国人の皆様から頂いた様々なご意見を参考にして、政策を策定して行けたら、と考えている」と記者に語った。来月には在日韓国人向けの相談所も東京及び大阪に設置される予定で、従来政治にあまり反映されて来なかった在日外国人の生活が改善されるものとして、期待が高まっている。

最後に記者が「日本人向けの事務所の開設の予定はあるのか」と担当者に聞いたところ、「貴重なご意見として、前向きに検討させていただく」と語った。


2012年7月23日13:30配信


最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ