UnNews:恵方巻き 寿司屋で大騒ぎ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

【2010年2月3日 速報】

今日午後7時以降、都内の回転寿司屋「らくだ寿司」で大規模な食い逃げが発生した。

らくだ寿司では、節分限定メニュー「恵方巻き」が人気だという。らくだ寿司の恵方巻きには大豆と鰯が入っている。節分の今日は店内に客が押し入り、店外には30m前後の行列ができた。やはり全ての客が人気メニュー「恵方巻き」を注文した模様だ。今年の恵方は西南西であり、全員が一斉に西南西の方向を向いて無言で太巻きを食べ続けた。

そのとき、一人の客がトイレに行くと見せかけて席を立ち、そのまま店内を出て勘定を済ませないまま逃走した。奇しくも出口は東北東の方向にあり、客は全員正反対の西南西を向いていたため誰も食い逃げには気づかなかった。客が西南西を向いている隙を見てつまみ食いをすることに夢中になっていた店員もやはり気付かなかったので、結局誰も気にしない事態となったようである。

その後もさらに数名の客が食い逃げに走り、流石に店員も気付いたものと思われるが、無言の店内で静寂を破り食い逃げを指摘する勇気は無かったという。それ以降は監視体制がやや厳しくなったが、客が一斉に西南西を向き無言で食べ続けるスタイルは変わらず、食い逃げとまではいかなくても寿司を食べた後こっそり皿だけをレーンに乗せる客が続出した。

今回の事件によるらくだ寿司の損失は少なくとも20万円に上ると計算される。らくだ寿司の店長・洛田須士氏 (48)はずさんな管理体制を行った責任を取り、西南西を向いている客の財布から紙幣を抜き取ることで損失の埋め合わせを図っている。

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ