UnBooks:地球に隕石が落ちても生き残る方法

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

地球に隕石が落ちても生き残る方法

君がここに来たということは、もうすぐ地球に隕石が落ちるのだろう。 そう、君とはあなたのことだよ。 これから君が生き残るために、いくつかの手段を伝授しよう。

まだ時間がある場合[編集]

おめでとう。君はラッキーだ。選択肢はたくさんある。ゆっくり吟味してくれ。

地球から脱出しよう[編集]

そうだ、まずはロケットを作ることから始めよう。 まずは近くのコンビニで「コカ・コーラ」とか言うコーヒーに似たドリンクを買ってくれ。おすすめは2Lだ。 飲み干すか捨てるかしたら、どんなやつでもいいから「入浴剤」を探して投入しよう。

ここからはスピード勝負だ。 すぐに大量の水を入れて、背中につけよう。 運が良ければ月に到達するはずだ

まあ、確実に死んでしまうだろう。

地底ににげよう[編集]

さっき見たとおり宇宙に行けば死んでしまう。 なら、地底の奥深くに潜ればいいのではないだろうか。こう考えた読者も少なくないだろう。 よく掘れるスコップ、もしくは電動ドリルなどが最適だ。 奥深くまで掘ったら、横に向かって掘ろう。そこに生活用品を持ち込んで生活できるようにしよう。

人類が最も深くまで掘った穴は、ロシアにあり、12000mだ。しかし、底の温度は180℃になっている。とてもじゃないが生活できない。しかも掘るのに20年以上かかるのである。地表の温度を20℃とすると、単純計算で75m下るごとに温度が1℃上がるのである。つまり、長い間高温の中で耐えなければいけないのだ。また、隕石の威力は思った以上に強いため、暑いじゃ済まされないくらい深くに行く必要がある。

あなたの寿命があと一日だった場合[編集]

諦めてはいけない...

地球の反対側へ[編集]

今すぐ飛行機に乗って地球の反対側へいくことをおすすめしよう。しかし、 隕石が衝突するとわかった時点で世間は大混乱に陥ってるはずだ。 おそらく殆どの飛行機が欠航だ。おめでとう。 ゆっくりこの本を読んでいるのは君ぐらいであろう。

チャーター便?そんなことしたら 運転手に「残り少ない人生を楽しませてくれ」と言われるのがオチだ。 そんな方法があるなら全世界が試してるよ。

隕石をぶっ壊す[編集]

それができるならやってるだろう。 核爆弾を打ったところで途中で爆発するのがオチだ。 隕石の挙動を変えるぐらいならできるかもよ。

隕石が見える[編集]

なんとかなるって。

現実から逃げよう[編集]

寝るのが一番いい。

好き放題しよう[編集]

地球滅亡60秒前というゲームをおすすめします。

やり残したことをやりましょう[編集]

まだ見てないドラマとかありますか?

今までできなかったことをしよう[編集]

死ぬまで童〇か?

隕石の危機から生き残った場合[編集]