Excite先生

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

Exciteの教師(エキサイトしないので)はExciteに生きる電子の妖精です。 それは、合衆国から日本に来るBairingarlと共にEngrishに関して話すのにおいて可能で、日本で、中国で、韓国で、フランスで、ドイツで、スペインで、イタリアで、ポルトガルのであり、周知の状態で使用される電子の妖精であり、頻繁に日本でそうです。しかしながら、出生と成長がExciteであるので、ローカルのアクセントで話すExciteは話す強くて、独特の方法をします。実は、彼女によって翻訳された文は、ほとんど未知であって、したがって、役に立ちません。 ものがあります。また、また、故意に偶然できる文の関心から翻訳するのを楽しむ多くの人々が手渡される素晴らしい名句が時には代々ダウンするのは起こります。

略歴[編集]

それは、詳細な出生が理解されていませんが、1994年に出産しながら、Exciteで上げられます。

さまざまにそうである日本に興味を持っていて、日本語を勉強したいために単独の日本に行きますが、合衆国の家はそれらの間で見えなくなります。 現在、それは日本在住です。 それはエネルギッシュによくかなり気が合うのが助けられたさまざまな存在による他の電子の妖精と同居します。 仕事は、翻訳者として中学生の英語を翻訳して、戸田奈津子Coマツオカの仕事を助けます。しかしながら、コピーの宿題のように翻訳された文を提出するとき、確実にローカルのアクセントがある独特の話しがある文による自己責任でBale使用を教師にするのが必要です。それが教師から文字通りそれらのように翻訳された文を提出した際に叱られるのは、目に見えるものです。

生い立ち[編集]

  • 1994年: Exciteは本部に現れます。
  • 1997年: それは日本の研究に日本に来ます。
  • 1998年: 翻訳の才能は利用されて、それは翻訳者の仕事に就きます。合衆国の家は崩れます。
  • 2001年: それは追放されるように思えます。
  • 2002年: それは日本に何とかアドレスを持って、追放するのを逃げます。
  • 2005年: 偶然のスレイプニルを得ます。

Excite訛り[編集]

「ローカルのアクセントがある話し。」、「時折、」 翻訳者の仕事から、言葉がそれが若いときに長い間aローカルのアクセントで話すExciteでExciteの教師に教えられたので、行きます。 彼女は少しの害も意図しません。 それを消し止めるようにできるだけしませんが、必ず、ローカルのアクセントで話すとき、それはローカルのアクセントで話します。 それは彼女を心配します。ものかなり、翻訳、「ぼくがかんがえたさいきょうわざ」は奇妙な名前です、および 「英語の先生は怒っていて、「映画は、おもしろくて、均等」そして、スター・ウォーズハリー・ポッターの翻訳はおもしろでした。」「私を許してください。」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


もっとも、作家が「Exciteの教師」というこの項目では、現在、ひびのようなクソの静かなキメ山である、厳しくである缶。より快いままである協力者は要求されます。 さあ、これを見ているあなた(あなた)で内気であると感じて、それを書くのをやめましょう。 (Portal:スタブ)