難病

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
医療情報に関する注意 ご自身の健康問題に関しては、ためしてガッテンDHCで何とかしてください。免責事項もお読みください。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「難病」の項目を執筆しています。

難病(なんびょう)とは、治療法が見つかっておらず、患者に大きな苦痛を与える恐れのある病気のことである。日本では厚生労働省が認定する。

概要[編集]

厚生労働省は以下の要件のいずれかを満たした病気を難病と認定している(詳しいことはウィキペディアを参照)。

  • 原因不明または治療法が未確定
  • 完治が難しく、後遺症が残る恐れがある
  • 症状が長期にわたって続く
  • 患者やその家族への負担が大きい

難病の種類[編集]

メタボリックシンドローム
原因:暴飲暴食、予防法:適切な食事、治療法:ダイエット
常に空腹感に襲われて食事の量を抑えることが出来なくなり、体重が見る見るうちに増えてしまう病気である。そのまま放置すると、日常生活に支障をきたし、最終的に合併症を引き起こして死亡する。ダイエットと呼ばれる治療法があるが、一部の患者にしか効かないし、一度治療に成功しても再発する可能性が極めて高い。患者やその家族が受ける経済的負担(食費)は極めて大きく、アメリカ合衆国をはじめとする先進国で社会問題化している。
ニキビ
原因:不衛生な環境・汗、予防法:洗顔、治療法:皮膚科での治療
主に思春期の学生が発病する。発病すると顔中に発疹が生じ、患者に精神的なショックを与える。早期に適切な治療を行わなければ、症状が慢性化し、一生後遺症が残る。患者として松井秀喜などが有名。
仮病
原因:患者によって異なる、予防法:不明、治療法:不明
学校や会社に行く意欲がなくなり、自分が風邪を引いていると思い込んでしまう病気である。症状が悪化すると不登校ニートなどの病気になり、患者が(社会的に)極めて危険な状態に陥る。発病の原因が多岐にわたっているため、効果的な予防法・治療法がない。
君が代病
原因:プロシミン過剰摂取・マインドコントロール、予防法:適切な教育、治療法:不明
卒業式などで日の丸を見たり君が代を聞いたりした際に、手足の震え・めまい・吐き気などが生じ、歌を歌ったり起立したりすることが困難になる病気である。発病には個人差があり、患者の多くが地球市民と呼ばれる人種である。未成年者が地球市民との接触によって空気感染する場合もある。一度感染した場合、治療は極めて困難で、完治する可能性は極めて低い。最も効率的な治療法として、教育による啓発が挙げられているが、それらに反対する組織もあり、この病気の根絶には至っていない。近年、治療薬を作るプロジェクトが発足され、治療薬が開発されたが、副作用として日の丸や君が代に対し異常に興奮するなどの症状が表れると報告され混乱が広がっている。
中二病
原因:不明、予防法:不明、治療法:不明
主に中学生が発病する。発病すると精神に異常をきたし、支離滅裂なことを口走ったり、妄想の世界に入り込んでしまう。ほとんどの患者が短期間で症状は快方に向かうが、まれに長期にわたって中二病が続くケースもあり、症状が悪化してより危険な基地外病になるケースもある。一度発病すると免疫がついて二度と発病しないと言われているが、まれに大人になって再発する場合がある。
花粉症
原因:花粉によるアレルギー、予防法:マスク、治療法:耳鼻科での治療
スギ花粉によって目や鼻が機能不全を起こし、鼻水や涙が止まらなくなる病気である。予防法としてマスクなどがあるが、毎年多くの患者が発生しており、しかも患者の精神的苦痛が大きいため社会問題化しつつある。
ロリコンショタコン
原因:不明、予防法:不明、治療法:刑務所での隔離
まだ幼い子供に性的興奮を覚えてしまう病気である。重度の患者は、自らの理性を抑えることが出来ずに性犯罪を引き起こす危険性がある。有名な患者として宮崎勤小林薫などがいる。残念ながら予防法がいまだに確立されていない。治療のためには、患者を刑務所と呼ばれる施設に長期間隔離する必要がある。隔離するとほぼ100%の確率で症状の緩和が見られる(少年少女が刑務所にいる訳ないから当たり前である)が、出所後に再発する可能性が極めて高いと言われており、完治は非常に難しい。
舌噛み
原因:不注意、予防法:不明、治療法:皮膚科(?)での治療
食事中などに舌を誤って噛んでしまう病気である。発病すると、舌に激しい激痛が走り、食事を取ることやしゃべることが困難になる。患者の精神的負担は計り知れず、舌を噛んだことによって自殺するケースも後を絶たない。予防法が未確定で、人類の約99%が最低でも一度は発病する。
釘宮病
原因:くぎゅうううううううううう、予防法:無い、治療法:無理
現在患者が急増しており秋葉原や日本橋(大阪のそれ)などで数多く見かけることができる。数多くの種類が確認されており特にS型・L型・N型は感染力が非常に強く危険。現在明確な予防法、及び治療法は発見されておらず患者は増加傾向にあると思われる。またN型の登場により低年齢層の患者が急増しつつあり保護者の方々には迅速な対応を心がけて頂きたい。本当に。
露出病
原因:精神異常・アルコール、予防法:自制、治療法:警察署等での隔離
街中や公園などの公共の場で裸になってしまう病気である。大きく分けて変態型露出病とアルコール型露出病の2種類があり、主な患者としてはルソー(変態型)、草彅剛(アルコール型)などがいる。発病者は周囲の人間に多大な精神的ダメージを与える恐れがあるため、発病したら直ちに専門の治療機関(警察署など)に隔離しなければならない。もし隔離された場合、発病者の方の精神的ダメージ(社会的な意味で)も計り知れない。
脱毛症
原因:不明、予防法:頭皮のケア、治療法:リーブ21等
頭の毛が徐々に抜けてゆく奇病。抗がん剤の副作用やストレスによって発病する場合もあるが、大部分は年齢を重ねるにつれて発病する。発病すると人口毛髪を使用せざるを得なくなり、患者の生命の質(QOL)を著しく低下させる。リーブ21などの治療薬もあるが、効果には個人差があり、完治できないケースも多い。
アンサイクロペディア中毒
原因:アンサイクロペディアが面白すぎること、予防法:不明、治療法:投稿ブロック

一応言っておくが[編集]

上記の病気に対して「なんだ、全然難病じゃないじゃん!」などと言ってバカにしてはならない。患者本人にとっては極めて深刻な病気なのである。これらは、患者の日常生活に支障をきたし、最悪の場合に至る難病なのである。これらの病気を軽視する姿勢は、病気への理解を阻害し、患者への差別を助長することにつながるであろう。

Bouncypotato.gif
この記事「難病」は何故か「不治の病」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。


現在この項目「難病」は、深刻なスタブ病に感染しています。スタブ病とは、記事が未発達な状態が長く続く病気で、放置するとどうしようもない状態になってしまう難病です。現在のところ治療法は、アンサイクロペディアン有志による手術しかありません。皆様の温かいご支援が患者の命を救います。 (Portal:スタブ)