金プラ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
「金プラ買い、金プラ買い、ヘリウス大阪。金プラ買い、金プラ買い、ヘリウス大阪。」
金プラ について、ヘリウス大阪のCMに出てくる大道芸人ら
「太郎ちゃん、見ちゃだめよ。」
上のCM について、太郎の母親


金プラ(きんぷら、: Platinum Gold)とは、ヘリオス大阪が必死で買い集めている超合金の一種。元素としても独立しているがまだ記号が決まっておらず、化学の見地から一刻も早くネオ元素周期表に列することが求められている。

概要[編集]

安価で買え、かつ美しいことを特徴とする。そのためビトンやチャンネル、パラダイの服飾品と並び、比較的低所得な女性によく好まれるアクセサリとなることが多い。

しかも美しいため、安価な割には比較的高価に売却できることも特徴である。このため資産としての価値はにすら及ばないものの、ガンプラリカちゃん人形よりは高く、買っておいて損はしない商品として一部の女性には認識されている。

金・プラチナとの違い[編集]

金プラはプラチナとは異なる物質である。本来は金とプラチナ双方の魅力を兼ね備えた素材として開発されたと伝えられている。そのためミルメコレオ成立の経緯をそのままなぞるかのように、金プラはどんな貴金属にも及ばない中途半端な素材として日の目を見ることとなった。金物向けアルミニウムプラスチックが混ざっていると疑われるほどである。

そのため金やプラチナは投機の対象として価格安定性で人気のある貴金属であるが、金プラは取引所で話題となることは少ない。トレンドとしても底値が続き面白みの無い資源だからである。

開発の経緯[編集]

ヘリオス大阪にすら資料がよく残っておらず、金プラ生産技術はロストテクノロジの一つとして認識されている。

このためヘリオス大阪では、上述の通り、研究材料としての金プラを、ピン1本・ピアス片方でも集めることにより調査を進めて、金プラ製造法を復活させることに社運をかけている。発見した暁には世界の金融市場が一変すると囁かれている。取引市場が入居する建物が金ピカになるか否かという意味で。

生産元[編集]

現在、金プラの採取元は専らフー族水小売業者に限られる。実際の行いとはかけ離れて見えるスイーツ好きも散見されるが、事実上同じようなものだろう。

彼女らは自分たちが金やプラチナから金プラを作ることができる大切な存在であると主張しているが、なぜ価値の高いこれらの貴金属をこのような取るに足らない物質にするのか、動機が理解できない者は多い。きっと罰ゲーム向けに用意している宴会芸の持ちネタなのであろう。

関連項目[編集]

Google-girl.jpg
宇宙の隅々まで知りたいあなたのために、グーグル大先生が「金プラ買い」について分析しています。