踏切

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「踏切」の項目を執筆しています。

踏切(ふみきりん)とは、自殺事故の防止のために、電車通過のさいに線路を横切ろうとする人間を体を張って止めている、特殊な訓練を受けた精鋭のキリン(スーパージラフ)の総称である。電車の横断前後は何が何でも横断者を通さない為、「遮断鬼」(しゃだんき)の異名で畏怖されている。

これが踏切である

概要[編集]

鉄道道路が交差する点の脇に二匹一組、場所によっては四匹一組、レアケースだと八匹一組で各所に点在し、4~5時間おきに次のキリンと交代する。電車が通行しない時は、草食性の彼らは文字通り道草を食いながら線路と道路の交差箇所を横断する歩行者や車両を見守っている。

列車が横断する時間になると、突如彼らはその長い首を下に下げて歩行者、走行車両の一切の往来を遮断する。キリン達の首を押しのけて横断しようとする者もいるが、人間の腕力程度でどうこうなるものではなく、テコでも動かない。

しかし、無理矢理横断しようとするトラックなどに激突され、首の骨を折って死亡するキリンも決して少ないとは言えない。まさに命懸けの仕事である。踏切の仕事を行うキリンは、4トントラックに猛スピードで激突されても無事なように、生まれながらにしてオリハルコンより固い首にする為の生態改造が施されているが、それでも年間に30匹あまりが殉職している。

開かずの踏切[編集]

彼らは警察犬以上に職務に極めて忠実である。その為、何本も何本も列車が通るような状況下では、歩行者が安全に通れるような状態になるまで決して道を開けない。しかし、歩行者側としてはストレスがたまる一方であり、そのストレスの矛先は遮っているキリン達に向けられ、「実は居眠りしてるんじゃないの?」など、心無い誹謗中傷を言われる事もあり、投石を喰らったり、ピコピコハンマーで叩かれたり、酷い時には立ちションベンをかけられることもある。それでもキリン達は線路を遮断し続ける。歩行者の安全の為に・・・・・・。都会では路線の地下化で失業する事もあるが、身を挺して守ってきた地域住民からは「無くなって良かった」などと言われ、まさに踏んだり蹴ったりである。

開けっぱなしの踏切[編集]

いずれも遮断鬼が不在

田舎に多い。開かずの踏切の反対で、経費の徹底節約により少数の遮断鬼で現場を回しているため、遮断鬼が留守にしている時間が非常に長く、人間が遮断鬼を視認できない状態が長時間継続する現象(肝心の列車通過中も留守になっている事もよくある)。特に遮断鬼の守りが手薄な交通量の少ない小道や農道等で頻発する現象である。遮断鬼の巡回があてにならないので、わざと渡り板を狭めたり、適度なバリケードを築いたり、前後に階段を設けたりして、人・車が簡単に通行できないような対策を施し、車については「遮断鬼常駐の安全な踏切」や「立体交差道路」へ誘導している場合もある。

その背景に意図しないエクストリーム・自殺が増えてしまったこともあって、この様な踏切を閉鎖する動きもあるが地方自治体の設置負担や沿線住民の負担により解決に至らない。また、住民によっては列車が少ない事を理由に玄関から道路まで出るために「勝手に踏切」として横断スル場合もあるので仕方がない。ただ、玄関先が踏切で自動車の衝突もあったからどうしようもない。ただ、行政の許可もなく勝手に踏切を造ると軌道法違反で違法なるので注意である。

関連項目[編集]


この項目「踏切」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)