誇張法

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
ひよこ陛下
恐ろしいまでに優れた記事
この記事はとてもじゃないけど素晴らしいの一言では片付ける事ができないくらい素晴らしい記事だよ。夜を徹して全身全霊をこめて書いた本人とひよこ陛下が、あえてこうやってわざわざ言うんだから間違いない。よりもっともっともっと素晴らしい記事にできるってなら、してみやがってください。こうやって頭を地にこすりつけてお願いしましたよ。
Wikipedia
ユーモアというものが致命的なまでに欠落した精神病患者のために、ウィキペディアの、専門家を自称するものの、自分で言うほどの実力が備わっていない馬鹿どもが「誇張法」の項目を、滑稽なまでに必死こいて執筆しています。

誇張法(こちょうほう)、もしくは誇張(こちょう)…この記事は君の一生の中で ― いや、死んだ後になっても最も素晴らしく、価値のある物になるであろう。誇張法の使い方はの世界の見方を永遠に変える。そして誇張法は人類が使う修辞技法の中では最も優れた物なのだ。

重要![編集]

初めに、この世にはウンともウンともいう途轍もない量の誇張法がある。そしてその誇張一つ一つが糞みたいに次の誇張よりも優れている。誇張とはが物事を説明する際に使う神聖な手法なのだ。そして誇張を使う事によって君の話している事が、果ては君自身までもが神々しくなれるというわけだ。誇張は直喩よりも1000倍、隠喩の1000000倍、擬人化の1000000000000倍、そして擬音語の無限優れている。

他にこれ以上優れた物なんてありはしない[編集]

君が誇張法を文章の中で使う場合、君の文章は誇張されていない場合の1987456321435432012323666999453435765001.432455212倍賢く見える。

誇張の良い例を説明するのはその優秀さのせいで途轍もなく難しい。誰かその例とやらを聞きたがってる奴は地球上で一番…いや、恐らく宇宙一バカだろう。事実、もし誰かが誇張の例などという物を人に尋ねられるぐらいバカであれば、そいつは最早人間でもなく、それどころか常に仔猫を吸引しているようなクズ野郎でもないからだ。

頭脳をフル回転して考察[編集]

Nemurineko.jpg この崇高なる素晴らしい節を書こうとした人は、途中で襲い来る睡魔に渾身の力をもって抵抗しましたが、とうとう耐える事かなわず、震度7の地震が起きても目覚めないくらいに、深く深く熟睡してしまいました。
後は鼻くそをほじくりつつ片手でキーボードを叩くくらいに適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]

Hitlerefficiency ハイル・ヒットラー! この誇張法は、偉大にして崇高にして完璧なる我らがアーリア民族の築き上げた前代未聞、空前絶後の最高文化的作品である!
この記事を書き上げてこそ、ユダヤ人とジプシーとヨシフ・スターリンスラブ民族を殲滅できるのだ!
この記事をつまらなくする者に宣戦布告の上、国土を蹂躙して完全に地上から消し去って制裁を! ジーク・ハイル! (Portal:スタブ)
International000.gif
この記事は他言語から細心の注意を払って、文法的誤りが存在しないように、完璧なまでに翻訳されました。

この記事は日本語としてあまりに完璧に過ぎるため、恐らく推測するに十中八九の割合で、これ以上わざわざ面倒な手間をかけて手を加える必要はまずもってあり得ないと愚考します。
しかしながら、さらなる高みを目指すために、この記事を可能であれば、優秀で素晴らしく最高なあなたが、完璧で最高で崇高で比類の無い良記事にしちゃってください。この通り、誠心誠意をこめて、深く深くお願い致しますよ。