秋山成勲

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「秋山成勲」の項目を執筆しています。

秋山成勲(あきやまよしひろ)は、日本のスポーツ選手である。エクストリームスポーツのひとつであるエクストリーム・ヌルヌルの日本における第一人者として知られる。

来歴[編集]

在日韓国人四世として生まれ、幼い頃から柔道を始める。やがて成人した後、よせばいいのに柔道韓国代表を目指して帰国するが、ひどい差別を受けたため夢破れ、再来日。日本人として生きていく事を決意し、日本国籍を取得した。その後、2002年頃から韓流ブームに感化され、韓流ファンの一人となり、韓国好きを積極的にアピールしている。2004年、柔道家から格闘家に転向。様々な格闘大会に参加するも、既存の格闘技に疑問を感じるようになり、2006年の大晦日、ついにエクストリーム・ヌルヌル選手に転向。この転向には多数の人間が批判を行ったが、一部の人間は、「停滞している格闘技界に新風を呼び込むものである」として彼の転向を評価している。[要出典]

ファイトスタイル[編集]

ワセリン含有クリームを全身に塗り、真っ向勝負で相手のタックルを滑らせる正統派ストロングスタイル。その腕前は一流の格闘家のタックルをも容易に滑らせる事が出来、近い将来行われると噂されるエクストリーム・ヌルヌル世界大会のチャンピオン候補の一人に挙げられているほどである。 UFCチャンピオンのGSPは秋山に敬意を払い、UFCにエクストリーム・ヌルヌルの技術を持ち込んだ

その他[編集]

来歴の項でも述べたように、韓国の大ファンで、日本生まれで日本人であるにも拘わらず、流暢な韓国語を操り、韓国の事を「我が国」というなど、彼の韓国に対する愛情・理解は非常に強いものがある。

関連事項[編集]