甘納豆

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

この記事については以下のようなことが主張されているようです。

  • この記事は誤り嘘八百でいっぱいの百科事典であるアンサイクロペディアに掲載されています。ここにあるコンテンツはその全て、もしくは一部がフィクションですが、同時にそうではない可能性もあるなど、言うなれば「超フィクション」の状態にあります。
  • この記事の内容の真偽を確認したい場合は、ウィキペディアをご覧ください。アンサイクロペディアの記事を信用したい場合は、読者の自己責任において対処してください。なお、嘘八百を信用する人はどうかしてる人なので、社会的にどうかされてしまうかもしれません。
  • Akajisoshou.gifそのほかこの記事のために発生した損失や損害について、一切責任を負いません!
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「甘納豆」の項目を執筆しています。

甘納豆(あまなっとう)とは、納豆などの醗酵産物に砂糖をかけて、5-10年間ほど熟成させた食品である。納豆以外の醗酵物からも作られるが、代表例の名前を取って、それ以外も一般に甘納豆と呼ばれる。

日本を中心に世界各地で食用とされているが、醗酵産物の加工品と言うのは名目であり、実態は「腐敗物を捨てるのはMOTTAINAI」というエコロジー活動の実践によって生まれた食品である。その独特な臭いによって食欲が減退するため、しばしばダイエット用に利用される。欧米諸国では、「甘納豆一粒、1kgダイエット」というキャッチコピーで販売されている。

原材料[編集]

原材料となる食材は大豆小豆コーヒー豆などの豆類や、クリ・ハスの実・サツマイモなどが使われる。要するに何でも良いのである。ただし、くさや酢豆腐など臭いが強烈なものは自家製造・自家消費する以外では推奨されない。 これは、原爆としてでも使用できる。

製造方法[編集]

  • 食材を醗酵(つまり腐敗)しやすい状態にする。上記の豆類・穀類などは加水加熱などを行うが、肉類・魚類などは生のままのほうが腐敗しやすい。
  • 醗酵・腐敗を進行させる菌は、普通は自然に存在するので特に加える必要はない。
  • 材料や菌によって異なるが、適温で適当な時間放置すると適度の腐敗が進む。
  • 腐敗を止めるため大量の砂糖をできた腐敗物と混合する。その後、5-10年間保存し、解毒・熟成させる。
    • 砂糖を加えるのは、砂糖が触媒として余分な水分DHMOに変え、腐敗菌の活動を止めるためである。
    • 熟成期間を数年間設けるのは、DHMOや腐敗で発生する硫化水素アンモニア・その他毒物が揮発・溶出あるいは分解・変性して無毒化するのに時間がかかるためである。フグ卵巣の糠漬けと同じ原理である[1]

食用の実際[編集]

商品として販売されている甘納豆は、食品としての安全性は確認済みのものが多い。しかしながら新商品として開発された新しい甘納豆は、様々な材料や腐敗菌を利用して作成されたものであるから、必ずしも安全とは言いがたい。その場合、予め臭いや外観を確認することは当然ながら、消費者モニターに毒見してもらっておくことが望ましい。この場合に相応しいモニターとしては、いつでも何でもおいしく食べてもらえる人が筆頭に上げられる。また、毒に敏感に反応する人々、つまり子供年の功にあふれている人に毒見してもらえば、より確実に毒性が明らかになる[2]

近年では「苦ぁ甘納豆」という複雑な味のものも密売されているが、これは製造するのも口にするのも場所によっては命がけだと囁かれている。また、カメムシ風味を付けて食用にする国々もあるらしい。

特殊用途[編集]

甘納豆を豆鉄砲に装填して鳥の群れに打ち込み、甘納豆を餌として気絶した鳥[3]を捕獲する猟法がジビエ料理を好む国では行われている。

また、東洋の大国および自称経済大国では、食品偽装事件あるいは毒物混入事件を起こした犯罪者に対して、懲役中の食事として甘納豆および強烈な腐臭を持った発酵食品のみを与えることが検討されていると良いかもしれない

さらに、第三次世界大戦中は兵器として用いられ、多数の死者を出した。その威力は当時の原子爆弾の1.5倍と言われており、甘納豆をぶち込まれた側もぶち込んだ側も、多大な被害をこうむった(と聖書にかいてある)。

脚注[編集]

  1. ^ ただし、河豚の卵巣の糠漬け 1g中には、体重20gのマウス 5匹が死ぬ程度の毒(5MU(マウスユニット))が残っても良いとされている。甘納豆もこれに準じる。
  2. ^ 毒性がない菓子類でも、このような人々に試してもらったことによって、窒息の危険性が明確になった例がある。
  3. ^ 甘納豆の残存毒の量が 5MU/g とすると、甘納豆1gにつき体重100g程度の小動物は、甘納豆を餌として摂取すると影響を受けることになる。