特攻隊

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

特攻隊(とっこうたい)、正式名称は特別攻撃隊で、自爆テロの魁(さきがけ)。つまり大日本帝国は自爆テロを発明した国である。

攻撃方法[編集]

特攻隊の攻撃方法は他の舞台とは一線を画す。なぜならば、飛行機ごと敵艦に突撃するからだ。この飛行機は後戻りできないように積んである燃料も少ないらしいが、突撃と同時に敵艦を破壊し、燃料が爆発して敵艦を燃やして沈没させる。

現代では911のように飛行機が突撃することは日常茶飯事なのでこんな攻撃方法は驚かれないが、その当時、外国には非常に驚かれて存在を信じない人も多かった。

効果[編集]

特攻隊は第二次世界大戦中で敵艦を100隻以上撃沈、400隻以上損傷させ、敵軍の兵士を15000人以上撃破している。しかし、成功率は年々低下していった。連合国側にとって想像を絶する攻撃手法は脅威だったと言われている。

後世への影響[編集]

特攻は現在でも大型の目標を攻撃する手段として最重要とされる。だが、有人の特攻では、国家のために死ねるほど士気の高い高練度の兵員を確実に消耗することのデメリットが大きく、その後はロボットによる特攻攻撃が主流となっていった。

第二次世界大戦終了直後は、連合国側もこの自爆テロ部隊の精神をほめたたえた。特に、ダンケルク撤退戦から戦争終結直前のDデイまで敗戦国であったフランスや、1990年代の湾岸戦争ですら銃剣突撃を愛してやまなかったイギリスなどからの評価が高い。そして、1960年代ごろには、特攻隊をリスペクトする日本の国際テロ組織が海外で自爆テロを実行。現在に至るまで特攻隊の「命をかける」精神は、世界中のテロ組織に受け継がれている。

日本人には今も自爆テロ部隊を褒めたたえるものは多い。1980年代以後の自動車用品販売店には、色とりどりの「特攻」「神風」などのステッカーが並び、旭日旗カラーのカスタムバイクにも誇らしげに「特攻」の文字が刻まれる。

中世中央アジアの暗殺者教団に代表される、イスラム教過激派の特攻隊員は、「聖戦で殉教者となった者は、美麗な男女が多数侍る、ハーレム状態の理想郷で英雄の座につく」と教えられている。特別な英雄的な攻め、の意味から特攻と呼ばれるようになった。現在では総攻めと呼ばれることが多く、総受けの反対語とみなされる。総受けの存在がいかなる者かに関しては、深刻な教義論争が続いており各宗派で解釈が分かれる。美女が侍るという解釈以外認めない宗派も存在する。

特防[編集]

日本の自衛隊では、旧日本軍の伝統を受け継ぎ、特攻のほか特防も比較的高めになるよう訓練されている。そのため飛んできた手榴弾に覆い被さる、魚雷の上にヘリコプターを墜落させるなど様々な特防が行われている。2018年1月に群馬県の草津白根山が噴火した際にこの特防が行われ戦死者一名を出し、読売新聞や産経新聞など愛国的メディアで賞賛されたが、朝日新聞と毎日新聞ではお察し下さい

自衛隊という名前の通り、周辺諸国に比べ著しい多量の努力値を積み上げて訓練された防御力はアジア最高レベルに高められているが、攻撃力が比較的低めなのは、国民世論のためお察し下さいなどの装備が保有できないためである。

また、かつては素早さも日本の軍隊の持ち味と愛国的メディアで報じられていたが、実際には旧日本軍時代から首脳部が保身のためなかなかハンコを押さず手遅れになって壊滅するなど、現場の足を引っ張ることが知られており、中国軍にも劣る最低ランクの素早さとなっている。

関連項目[編集]

軍隊の兵士による兵隊のための軍事スタブ この特攻隊は、敵軍によって占領されています!!
このページを開放するには、アンサイクロペディア軍の意地という物を証明してみてください!
健闘を祈っております!敬礼!! (Portal:スタブ)