渇水

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事には冗長性が不足しています。
改善には十分なメモリーとブロードバンド回線と大きなディスプレイくじけぬ心が必要です。
アンサイクロペディア法
を熟読した上で、分量を増やして下さい。

渇水(かっすい)とは、主にうどんを食べ過ぎる香川県民に対して国が気象をコントロールし、水不足を起こしてうどんの消費量を抑える作戦の一つである。

概要[編集]

讃岐うどんが名物の香川県では、うどんを茹でるとき、および出汁を作るときに大量の水を使用する。この作戦により、香川県民はうどんの消費量を抑えなければならなくなると国は考えた。しかし、香川県民はうどんの消費量を抑えることよりも学校や一部地域での大規模な水の確保(断水)を行っている。この断水に対して県民は「うどんが食べれるなら別に…」と了承しているため、香川県も自重はしない。そのため、香川県には渇水対策本部(いかにして、うどんを食べ続けるかを考えるための作戦本部)と言う特殊な部署が設けられている。

しかし、断水にも限界があるため渇水対策本部は地元スーパーに対して「水を使わずに食べれる家庭用のうどんを開発しなければ潰す。」と言う恐喝を行い、一部のスーパーでは電子レンジでチンするだけで食べれる冷凍うどんを開発した(開発できなかった店は香川県民からハブられ、潰された)。

上記の事から香川県民のうどんに対する執着が見られる。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「渇水」の項目を執筆しています。


この「渇水」には
まだまともなことがかかれてないけど、
おいしいものをたべてかきくわえたらなおるよ! (Portal:スタブ)
Naoruyo Transparent.png