水酸化ナトリウム

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

水酸化ナトリウム(すいさんかなとりうむ、別名:苛性ソーダ、化学式:NaOえっち)とは、とても危険な物質であるDHMOに、素手で触ると大変な事になるナトリウムをぶち込んだ時発生する、爆発で生まれた物質である。放っておくと炭酸ナトリウムになる。

概要[編集]

とても強いアルカリ性の薬品で、色は牛乳よりも真っ白テストの解答用紙並みに。皮膚に付いたら面白い事になる。しかも生成する際、DHMOにナトリウムをぶち込むと爆発して水酸化ナトリウム水溶液のを降らせてしまうので、作る時にはが必要である。しかし、強酸性の塩酸を加えると人間にある程度無害な食塩水となる。それを発見した科学者は、「双方とも人間に有害な薬品が互いに仲立ちして、和平を結んだようだ」と言ったことから、この事を略して中和と呼ぶようになった。だから正しい書き方は「仲和」である。[テストに出るよ!]

作り方[編集]

ここでは水酸化ナトリウムの簡単な作り方を紹介しよう。

  1. 単体のナトリウム(原子記号Na)を用意する
  2. DHMOにぶち込む
  3. Explosion-nuke.jpg
  4. 出来上がり
おそらくほんとである。 えっ、ナトリウムはどこで用意するかって?

性能・性質[編集]

外のDHMOを吸い出す力を持つ。(潮解)
有害なDHMOを吸収するのは有り難いが、出来れば吸い出すのではなくて吸い取って欲しい。しかも溶けてしまうので扱いにくい。水溶液の濃度も変わる。
塩化アンモニウムなどの強酸のアンモニウム塩と水酸化ナトリウムをまぜて水に入れるとアンモニアが発生する。
アンモニアは尿に含まれているが、それよりも臭い。公衆トイレよりもくっさい。
二酸化炭素を吸収する。
地球温暖化防止に貢献してくれる。しかし二段構えで化学反応をするので、生徒から「覚える事が多くなる」と批判を受けている。また、二酸化炭素を吸収すると夏子さんへと姿を変える。
貝殻のような形をしている。
だからといって「私は水酸化ナトリウムになりたい」という訳ではない。

用途[編集]

  • 除湿 - 一部屋を除湿させるのなら、相当の水酸化ナトリウムが必要。
  • 製塩 - が切れた時、塩酸と一緒に。
  • 毒薬 - 飲ませるのなら胃酸で仲和しないように、カプセルでの服用がオススメ。
  • 水に溶かしたものは火星ソーダと呼ばれ、火星人の最もポピュラーな飲み物である。
  • カビキラー - 洗剤を自称する化学兵器

他に、石鹸石油製紙その他諸々に使われている。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「水酸化ナトリウム」の項目を執筆しています。
この項目「水酸化ナトリウム」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)