水島新司

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
野球バカ一代

水島 新司(みずしま しんじ、1939年4月10日 - )は、新潟県新潟市出身のプロ草野球選手である。本名は「あぶさん」。趣味は漫画を描くこと。外見は一言でいうならヒゲおやじ。チャンピオン王国の象徴にして現人神。日本屈指のハード・オナニストとしても知られている。

来歴・人物[編集]

年60回前後という超ハードな草野球スケジュールの合間を縫って、せっせと野球漫画ばっか描いている。まあ……別にほかの描かなくてもいいけど……。 実試合、紙上試合合わせて年間600試合前後をこなすが、本人の脳内での熱い妄想試合まで含めれば数千数万の単位にまで達する可能性のある生粋の野球バカ

1970年から『週刊少年サンデー』や『週刊少年チャンピオン』に仕事の幅を広げ『月刊少年マガジン』で『女と老害が大活躍プロ野球』を読み切り不定期掲載、『週刊少年チャンピオン』で『ドカベン』を連載開始。1973年からは『ビッグコミックオリジナル』で「いい加減引退しろ」を連載開始。青年漫画にも進出する。

この頃より連載作品が人気を博し、野球漫画家としての地位を確立する。理由はほかに目星しい漫画家がいなかったから……かも知れない。以降、1975年に『忍者ならしょうがない』を『週刊少年サンデー』に、1976年に『球が速いだけ』を『少年ビッグコミック』に発表。1977年からは野球漫画専門誌『一球入魂』を創刊し「野球狂の詩」のパリーグ版である「ある野球人の記録」(単行本では「白球の詩」)を連載する。これらの主要な作品は野球漫画の名(迷)作という評価を得ていく事になる。

ほんと野球漫画ばっかだな

1983年には自身が今まで描いてきた高校野球漫画の集大成作品『今までの主人公は山田の噛ませ犬』を発表。これは数々の自身の野球漫画の主役たちを甲子園に集めてドカベン山田のかませ犬にしたとして、今なお評価が高い。

番長の希望もあって、1995年に『ぼくのかんがえたオリジナル選手大活躍!実在選手はかませ犬ですけど何か?』(週刊少年チャンピオン)を、リメイクブームの二番煎じとばかりに『野球狂の詩 平成編』を連載開始。 これらのさらなる続編となる「新・野球狂の詩」を2000年に、「ホームランか三振しかない」を2004年にそれぞれ連載を始め、今もなお野球漫画を描き続けている。

現役最長老であるが、そのマンネリ化は衰えることを知らず、連載も人気に関係なく見えない力によって守られている。まあ、そこらへんは大人の事情と言うことで、お察しください

本人に関する逸話[編集]

  • テレビ番組でのインタビューにて「最高の打者は誰か?」という質問に真顔で山田太郎(理由は甲子園大会通算打率7割5分を誇るから)」と答えている。
  • Y.Y.S.をモットーとしている。(やっぱり山田はすごい)
  • 2008年にファイターズスタジアムで2軍の試合の始球式を務めた際、中田翔と面会し、夏までに一軍に昇格したら「あぶさん」に出演させると公約した。現実では未だ一軍にすら上がれてないというのに、ドカベンではプロ初打席でホームラン打っちゃってる。というか、スーパールーキーは彼に限らず必ず開幕試合から活躍する。 +
  • 2008年、プロ野球マスターズリーグの福岡ドンタクズに入団。登録名は「あぶさん」、背番号は90。「代走での出場ならあるかもしれない。できたら遊撃手として出場したい」とコメントした。足自信あんのか……
  • 「北海道でクマに育てられた野生児が高校球児となって甲子園で優勝する」というアイディアを、「北海道代表が甲子園で優勝したことはないためリアリティに欠ける」という理由で破棄するなど、この世のあらゆる法則や常識よりも野球を優先する思考回路の持ち主。
  • 山田がフライに打ち取られてチェンジになるシーンを描いていたはずが、仕上がった絵を見て「このスイングでこの当たりだと、山田のパワーなら持っていくな……」と考え直してストーリーのほうを変えてホームランにしてしまう、などは日常茶飯事。

漫画に関する逸話[編集]

  • 1990年代後半以降、実在の外国人選手が漫画に登場することはほとんどない。例えば、1998年日本シリーズを描いた『ドカベン プロ野球編』においては、横浜ベイスターズにローズが入っておらず、二塁手に万永が入っていた。また、2007年の中日ドラゴンズには、タイロン・ウッズが入っていない。カブレラとかローズとかもだな。
    • この件に関しては、外国人選手を漫画に描いた際、肖像権を楯にその選手の代理人より高額な金銭請求があった事から、裁判などに巻き込まれない為にも実在の外国人選手は描かない主義になったという説がある。事実、肖像権がそこまでうるさくなく、また日本の漫画が世界的に注目されていなかった時代の「野球狂の詩」や「あぶさん」では、実在の選手をしばしば登場させている。
    • ただし「ドカベンプロ野球編17巻」の作者コメント見ると「外人のせいで日本人の活躍場所が無くなる」「年棒が高額」など言っているので単純に外国人選手が嫌いなだけじゃねーのという説もある。
  • また、準レギュラークラスの選手をスタメン扱いで登場させていたこともある。(97~98の小関選手など)。知ってる選手がすくなかったんじゃ?
  • あだち充の作品(『タッチ』他)を「野球を恋愛の小道具として扱っている」と批判した。その一方で『ドカベン スーパースターズ編』ではマンネリ化の打破のためか、主要メンバーの恋愛と結婚を描き、賛否両論の評価を得ていたりする。というかそもそも初期の「あぶさん」は野球がメインではない人情話とかも多かったので、まあどっちもどっちだな。
  • 巨人の星に対して、「巨人で物語をやれば売れるにきまってる。梶原は男じゃない」とか言っちゃう。いいがかりやん・・・
  • 漫画家人生で唯一、弁慶高校を明訓に勝たせた事を後悔しており、その時から「少年漫画誌では主人公達を勝たせなくてはいけない」事を教訓にしている。以降は常に主役がいる方を勝たせ、敵側が勝った試合は適当にして終わりにしている。それが原因で山田がホームランばっか打つのか・・・

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「水島新司」の項目を執筆しています。