林威助

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「林威助」の項目を執筆しています。

林 威助(はやし いすけ、1979年1月22日 - )は、台湾台中市出身の台湾人。愛称は「いすけ」、「リンちゃん」、「リンくん」、「りんりん」、「うぇいつー」などなど多岐。

台湾人なのに何故「はやし いすけ」と読むのかと言うと、簡単な話である。かの李登輝総統も、「岩里政男」だった時期もあれば、古歩道ベンジャミンなんて日本人も居るのだ。 それ故に、「はやし いすけ」って読んでも別にいいじゃないか。世界の鉄人も「いすけくん」と呼んでいるらしい。「リン・ウェイツウ」とも頑張ったら読める。頑張って。

来歴[編集]

  • 小さい頃テレビで見た日本野球に惹かれて、小学生から野球を始めた。
  • それから、めきめきと頭角を現し、念願の日本留学決定。
  • その裏には家族との深い絆があった。
  • 福岡の柳川高校近畿大学と日本球界でプレーを重ねる。
  • ケガ持ちだったけどリンちゃんは虎の恋人や
  • 獲得の裏には星野監督が動いていたらしい。(あくまでも本人談
  • 野球のワールドカップでは台湾代表の四番を務めた。
  • 2006年から代打として活躍し始め、2007年には念願のレギュラーに!
  • 何と言っても魅力は打撃、強いライナー性の当たりをびゅんびゅん飛ばす。一二塁間を締める「林シフト」が存在するみたいだが、選手の頭を超えちゃ意味がない。
  • 守備もある意味凄い、髭の人なら暴走を始めるだろうね。なので、豊さんなどの力を借りていました。
  • 07年シーズン中には、ケガを隠していたこと発覚。出場強行は某打撃コーチの指示らしい。
  • それでも、シーズンの終わりには健気に復活。ケガをしていたとは思えない弾丸本塁打を見せつけた。
  • 現在は右肩のリハビリ中、手術するかどうか迷っていたがすることにした。復帰後、いきなりタイムリーを打つなんてやっぱり健気すぎます。

虎のお姫様[編集]

監督どんでんを始め、炎のストレート監督を退場させる男元首位打者、打点王など面白フェイスが多い中での光明。少女漫画みたいなアホ毛(寝癖?)をつけてテレビ出演したことも。

それでも、試合中は厳しい。世界の鉄人とはいえども、ちょっかいを出してくれば一喝。野球が始まった途端、お姫様が野球戦士に変化するのだ。

はっきり言って可愛い、笑顔が素敵、まさに虎のお姫様

そんな顔とは裏腹に、バッティングは豪快、守備も(ある意味)豪快なので驚かされる。

ちなみに高校時代に監督から説教をされた際、「座れ!」と命じられた。日本人ならば、普通は「正座」をする。ところが、お姫様は「体育座り」をしてしまったのだ。 監督は怒るに怒れず、笑って許したという。高校時代から、お姫様だったのだ(何かが違う)。何だか、可愛い

ともかく、阪神で貴重な選手なので温かい目で見守ってあげましょう。

関連項目[編集]

この項目「林威助」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)