日本道路公団

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
れんほうが しわけしたそうに こっちを みている!
この記事は仕分け対象となりました。
この記事によって国民はどんな利益が得られるのですか?
Uncyclopediaに書かなくては駄目なんですか?Yourpediaでは駄目なんですか?
第57回 (1998年
エクストリーム・謝罪優勝プレイヤー

日本道路公団(にほんどうろこうだん、JH)とは、表向きは高速道路管理をする公団である。しかし実態は高速道路にまつわるダークな部分を取り仕切る政府の操り人形であった。ときどき逆転して政府のほうを翻弄するなど操り人形としてはポンコツだったようである。別名「第2の国鉄」。

概要[編集]

道路公団の管轄道路。お役所名物たらいまわしで警察との管轄争いを演じている

日本政府による高速道路支配の隠れ蓑となる公然組織であり、自民党最大の利権団体&圧力団体であり、田中角栄大先生の親衛隊である。 エクストリーム・天下りや、エクストリーム・公共事業エクストリーム・道路建設の名プレイヤーとして知られ、それらの競技では他の追随を許さない強豪である。エクストリーム・謝罪には1998年に「公職合同チーム」の一角として参戦。大蔵省日本銀行の陰に隠れてしまったが、晴れて「ノーパンしゃぶしゃぶ同好会」の会員として認められた。

公団による道路整備効果[編集]

  • 30兆円の超大赤字。
  • お役所主義&税金天国
    • …上記のようなずさんな経営の真の目的である。30兆円にも及ぶ赤字はすべて税金でチャラにして、高速道路建設という形で政治家の地元に事実上の税金投入ができるというシステムなのである。道路→赤字→税金→道路無限ループの完成である。これは税金ロンダリングの理想の利権システムとして自民党の道路族にあがめられていた。パチンコの三店方式ばりの入れ替えだが…

破滅と再生[編集]

滅亡[編集]

そんな理想のシステムは長く続かず小泉純一郎のパフォーマンスの一環として解体され民営化NEXCOになってしまうのであった。中曽根康弘の支持率のために解体され民営化JRになった国鉄と同じ運命である。 郵政民営化の陰に隠れてひっそりと行われたことも戦後日本の不透明な利権政治を象徴する一幕であった。

復活[編集]

民営化したNEXCOは彼らの言うことを聞かなくなってしまった。 しかし、道路族がこんなにおいしい利権を放っておくはずがなかった。道路公団亡き後、今度は「新直轄方式」と称して国土交通省直轄で無料の高速道路建設を始めたのである。もはや散々叩かれて開き直った彼らに税金ロンダリングの無限ループの建前は必要なかったようである。ここに民営化したNEXCOを差し置いて国直轄の第2の道路公団が誕生した。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「日本道路公団」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「日本道路公団」の項目を執筆しています。
ご迷惑おかけしています この日本道路公団は一生懸命作られましたがマスコミの評価は手抜き工事です。
優しい業者さんに補修工事をしてもらえたら国民も現場の人も喜ぶでしょう。 (Portal:スタブ)