字幕

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「字幕」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「字幕」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「字幕」の記事を執筆しています。

字幕(じまく)とは弾幕の一種であり、主に映像や出版において使われるものの総称。

概要[編集]

書き文字ではなくセリフ自体を字幕にした例。

言うまでもなく弾幕とは、大量の弾を放ち幕がかかったように対象へ一斉射撃を行う技法である。

その絵面の派手さから、実戦だけでなく様々なメディアで使用されているが、弾丸の場合長時間の弾幕作成には大きなコストがかかり費用対効果がかなり厳しいものとなるのが欠点である。また、漫画作品の場合は画面の大半を全く同じ形状のモノが覆い尽くす事となりコピー作画を疑われてしまう[1]

そういった難点を克服するため、まず漫画業界で「書き文字による弾幕」という考え方が生まれた。細かい擬音などを大量に描いて画面を覆い、さらにその中に伏線を忍ばせるという二段技能の登場は弾幕界に大きな影響を与え、また「弾幕による状況説明」という考え方は作画という手段を用いない映像メディアにも波及していった。そしてここに「字幕」という新しい概念が生まれたのである。

映像作品における技法の例[編集]

字幕の一例。しかし少々やり過ぎとも言える[要出典]
タイトル
映像開始と共に文字列を放ち、その作品のタイトルを描写するもの。
単に活字タイプのものを打ち出すモノから始まり、ウルトラQのように半溶解文字弾を中央部で激突させその反動で文字を作成するという高度な形式へと進化していった。
スーパーインポーズ
字幕スーパー」とも呼ばれ、決めポーズやクライマックスシーンを強調するもの。
一番映えるシーンで完璧に決めなければ意味がなく、非常に高度な狙撃技術がもとめられる。
サブタイトル
映像内の音声をなぞる形で文字を作成する。
のべつまくなし文字弾を打ち続けて文字列を構築し続ける必要がある[2]、技術と持久力双方が必須の技法。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

脚注[編集]

  1. ^ かといって、全て手描きでは手間が掛かりすぎる。
  2. ^ 生放送の場合は大きく遅れる事もある。

関連項目[編集]