初芝清

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
幕張のファンタジスタ
初芝 清
生誕日 1967年2月26日
生誕地 東京都豊島区
出身地 埼玉県坂戸市, 東京都豊島区, 東京都府中市, 川崎市, 千葉市
職業 プロ野球選手、むしろ
武器 バット、グローブ、ボール
「僕はスター。彼は神。アハハハハ」
初芝清 について、新庄剛志
「彼がいるとさらに強力になるんですよ。」
小坂ゾーン について、ジョージ・マッケンジー
「この人はあまりにも凄すぎてさすがの僕もほぼイキかけました。」
初芝清 について、イチロー
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「初芝清」の項目を執筆しています。

初芝 清(GODはつしば、1967年2月26日 -)とは、お菓子屋さんの野球チームに所属していた。「ミスターお菓子屋さん」を始め「初様」、「初芝神」、と呼ばれる。主に三塁ベース付近に降臨。

下に記した彼の起こした数々の所業を見れば、野球選手として超一流だということは判っていただけるだろう。

また、打撃成績の帳尻合わせが非常にうまく、10点差ついたところでの勝敗に全く関係ないところでのホームランなどがよく見られた。帳尻合わせはシーズンも終盤にかかる9月によく行う。あと1本ホームランを打てば大台に乗るなどの条件が揃い、そして相手がマジック1のときの彼は、山田太郎あぶさんも超える。

なお、ワールド・ベースボール・クラシックでイチローがソックスをたくし上げたスタイルにしたのは初芝神のパワーにあやかる為なのは言うまでもない。

また、初芝五洋ホールディングスとは特に関連はない。

神の所業[編集]

ここでは初芝神の数々の行いを紹介する。

相手チーム残りマジック1[編集]

彼の真の力が発揮される時である。

神の力を使用し相手チームのワクワクドキドキを木っ端微塵に打ち砕く。

どれほどかというとイチロー松井を足して100を掛けたぐらいに打つ。

その為ファンや信者は多大な尊敬と期待と爆笑をこめて「胴上げクラッシャー」と呼ぶ。

契約更改[編集]

未来が見えているためどんな評価かは知っている。だから一発サインの3分で終了。

HATSUSHIBA結界[編集]

千葉マリンで試合があるときは、どんな雨雲や台風さえ千葉を避けていくのはこの男の仕業である。

また、試合中にHATSUSHIBA結界が発動することは、そのまま試合が終了することを意味する。

小坂ゾーン[編集]

小坂誠の守備を神域にまで到達させているのは、他ならぬ初芝神が自らの力を小坂に与えているからである。彼が守備の時サードベースの半径1m程度しか動かないのはこのためで、「初芝は守備が下手だ」としたり顔で語る者がしばしば見受けられるが、これがまったく愚かな行為であることは論を待たない。

敵軍ベンチ[編集]

神はよく敵軍のベンチに飛び込む(一説によればその回数はせかいのほ~むらんお~ほ~むらん数を凌ぐとも)。一般大衆はそれは神が闘志向き出しでファールフライを追っかけるからだと勘違いしているが、もちろんそうではない。神は体力が無く、かつ所属チーム及び寸胴体形からも分かる通り、甘いもの専門の美食家なのである。神は三塁手というあまり動かない、一塁手にも劣らぬメタボポジションを守っているにも関わらず、守備時間が長かったり、守備機会が多いとすぐHPを消耗してしまう。そのため打球を追うふりをしてベンチにむかってメガトンクラッシュすることにより、アンチを生むことなく束の間のバカンスを手に入れているのである。しかしメガトンクラッシュを自軍のベンチにやりゃ良いというものではない。言っておくが神は美食家なのである。敵軍のベンチにメガトンクラッシュするからこそ、バカンスの間に自軍と違ったいろいろなスポドリを堪能できるのである。ちなみに好きなスポドリはお菓子屋さんの永遠のライバルである不人気のものである。ここまで計算してるとは、恐るべし神。(しかし敵軍の三塁コーチャーのおっさんにA.T.フィールドを張られてはじき返されることもしばしば)


1995年[編集]

史上最小の80打点で打点王を獲得。他選手が神の記録を超えるのを恐れていることがわかる。また、この年はイチロー田中幸雄も同点にて打点王を獲得しているが、イチローは神に並び立とうとする自らの行為を恥じ悔い改め、これ以降打点王タイトルを自重している。

2003年[編集]

プロ野球記録になった代打7打席連続安打を行う。

2005年・プレーオフ[編集]

プレーオフ2ndステージ最終戦(つまりマジック1と意味は変わらない)、8回表に代打で先頭打者として打席に降臨した初芝神は、何かと不敬を働く不届き者・三瀬幸司と対戦、結果はまさかのボテボテのサードゴロ。しかし、この当たりをソフトバンクの三塁手・トニー・バティスタが遊撃手・川﨑宗則と交錯し、神がかり的な奇跡の(神の所業である為神がかり的でも奇跡でもない)内野安打となる(その後、バレンタイン監督が神の力にあやかろうとして、足の速い選手を代走に出さなかったというのは言うまでもない)。このヒットを足掛かりにロッテは鮮やかに逆転。日本一となった。

ソフトバンクの三塁手バティスタはこのヒットを目の当たりにしたことで初芝神との格の違いを実感し、この年限りで日本球界を去っている。また、テレビ解説に訪れていた野村克也は「神の力はまだまだ健在」とし、楽天への降臨を望んだが叶わなかった。しかし代わりに初芝神は高須洋介に僅かながら神の力を与え、楽天の得点能力を増やした。これも初芝神の厳しさと優しさの融合である。

関連項目[編集]

  • フランク・ボーリック:外国人の神という声もある。でも最近のファンは彼を知らないんだよな~。
  • イチローアメリカの無知なマスコミは、「日本最高の打者」と「日本一神々しい打者」を取り違えて初芝神の写真をイチローとして紹介したことがある。
  • 松坂大輔:怪物などと呼ばれた男も、唯一初芝神だけは抑えられなかった。
  • 小坂誠:初芝神の相棒。彼の守備は初芝神がいない巨人ではただの超名手である。
  • 今江敏晃:初芝神の後継者。
  • 金本知憲:晩年には初芝神の後継者となってしまう。
  • 初芝くん:初芝神の持つ力を与えられた芝とそれを植える天然素材の土壌。千葉テレビでのみCM放送中。

外部リンク[編集]


ExSport.png この項目「初芝清」は、エキサイト不足のようだね。
さあ、君もこの記事に胸が高まるような文付け足してみよう。レッツトライ! (Portal:スタブ)