佐藤誠

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情スモークチーズが必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「佐藤誠」の項目を執筆しています。
「人違いです!」
伊藤誠 について、佐藤誠
「Nice Relief.」
佐藤誠 について、王貞治

佐藤 誠(さとう まこと、1975年6月12日 - )は、School Days主人公で史上最低のヘタレかつレイプ魔……ではなくプロ野球チーム福岡ソフトバンクホークスに所属するプロ野球選手。通称はサトマコナース。

人物[編集]

山形県生まれだが生後すぐ北海道に移住した認定道産子。屈強な男たちが固い肌色の棒を手で握りしめ力強く速く振り、白いものを柵より遠くに飛ばして点を入れるスポーツが得意で、駒大岩見沢高校の二年連続選抜出場の原動力となる。

経歴[編集]

1993年、ドラフト5位で読売ジャイアンツに入団。背番号は69で、首脳陣からの期待のなさが窺える。

1998年、ちょっとだけ背番号がマシになる(57)。

2001年、福岡ダイエーホークスへ移籍。前年にホークス吉永幸一郎とジャイアンツ大野倫+1億円のトレードがあったのだが、ホークス側が1億円を辞退。代償として佐藤がトレードされた。つまり佐藤には1億円の価値があるということになる。移籍後の背番号は63。ちょっとマシになった背番号がまたしても60番台になり本人は相当へこんだという。

2003年、一軍中継ぎ陣の一員としてチームの日本一に貢献。

2004年、柴原洋が憧れの秋山幸二から背番号1を譲り受ける。これにより背番号31が空き番となったため佐藤は首脳陣に背番号変更を直訴。昨年の活躍もありすんなり背番号31に変更が決まる。

ようやく人並みの背番号を得た佐藤はホークス中継ぎ陣の一角として地味に活躍していく。

2010年、そういや最近見ないと思っていたら地味に戦力外になっていたが、古巣である巨人に打撃投手として復帰した。

エピソード[編集]

  • 2006年6月7日の読売ジャイアンツ戦、始球式神内靖投手が3失点後に先発。4イニングを無失点に抑えて勝ち投手となる。本来先発投手は5イニング以上投げないと勝利投手にはなれないが、始球式で失点があったため特例として勝ち星が認められた。
  • 2008年6月21日の読売ジャイアンツ戦、9回2アウトから大道の同点ホームランで延長になったあとの12回ウラに登板。12回表にマッチのホームランで勝ち越しを決めていたため、巨人の古城・鈴木尚・木村拓に3連打を与え、巨人に逆転サヨナラ勝ちをもたらした。ここを抑えてしまえば、大道のホームランもどうでもいい結果になっていただけに、空気の読める男である。

関連項目[編集]


ExSport.png この項目「佐藤誠」は、エキサイト不足のようだね。
さあ、君もこの記事に胸が高まるような文付け足してみよう。レッツトライ! (Portal:スタブ)