中野梓あずにゃん

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
中野梓あずにゃん
Azunyan-gekido.jpg
 
基本資料
本名 中野 梓 
通り名 あずにゃん 
出没場所 桜が丘高校 
所属 軽音部
親戚等
に、にゃぁ~
「あずにゃ~ん!」
あずにゃん について、ゆきりんまゆゆ
「あずにゃんは滅びぬ。何度でも甦るさ!ネコ系・黒髪の力こそ常に彼女の名を呼び続けるからだ!!」
あずにゃん について、松岡修造ムスカ

中野 梓(なかの あずさ)あずにゃんは、芳文社が発行する4コマ雑誌まんがタイムきららに連載されていた4コマ漫画とそれを原作としたアニメ作品「けいおん!」に登場するキャラクターである。

なお『けいおん!』の内容については当該項目を参照ください。

後、絶対にウィキペディアは参照しないでください

概要[編集]

2007年4月にまんがタイムきららで連載が開始されたけいおん!は、当初、それほど目立った作品というわけではなく、淡々と連載され、粛々と単行本化、まんがタイムきららにおいては人気作品であったが、特に何の問題もなかった。ストーリーも普通に高校1年生だった主人公達が進級、そして新キャラとして、この記事で紹介する中野梓あずにゃんが軽音楽部に入部。

その直後、2009年の4月に京都アニメーションアニメ化したことで、色々と面倒な話になる。

注意[編集]

その面倒なことの一つとして、けいおん!のストーリー、および、キャラクターの説明について声を大にして宣言しなければならない重要事項が存在する。それは、初見の人間は、けいおん!について調べる際にウィキペディアを絶対に参照してはいけないという悲しくも恐ろしい事実である。

哀れなるウィキペディアン達は、真実のためなら理性放棄する。

封印[編集]

なお、ウィキペディアが病んでいれば、アンサイクロペディアにも伝染するのが世の慣わし。そのおかげでけいおん!の記事が分割されることになった。そんな無様な姿をあざ笑いつつさっさと記事を分割するのが、アンサイクロペディアのいいところ。アンサイクロペディアでは、理性放棄しません。

あわせて、この項目にアンサイクロペディア版けいおん!の記事に紹介されていたあずにゃんの紹介文をコメントアウト機能を使用して封印する。もし文章を確認したいならば、この項目の編集ボタンをクリックすれば紹介文を確認できる。

・・・本当に封印すべき対象は違う場所にあるのだけれど。


キャラクター紹介[編集]

あずにゃんというキャラクターを最も理性的かつ的確に紹介しているページを紹介する。内容は確実にウィキペディアに劣るが、ウィキペディアよりも真実にあふれている。

好きな音楽?[編集]

アンサイクロペディアですから[編集]

あずにゃんの簡単な略歴を紹介すると、けいおん!の舞台である私立桜ヶ丘女子高等学校に入学した際、新入生歓迎会での軽音楽部の演奏に感動し入部を決意。本人はジャズプレーヤーである両親の影響でかなりのギターの腕前を誇るも、感動して入部したはずの軽音楽部の面々の腕前のアレさに後輩でありながら先輩に対して指導するハメになる。

その後、残念なことに、明らかに雑誌の都合、もしくはアニメの都合として、2年に進級した際に、後輩が出来なかったが、本人はさほど気にすることはなかった。もし、この段階で後輩が加入していたら、主人公達が卒業したことによる作品の大団円なかったことにされた可能性が高い。ある意味、編集部GoodJob。

もっとも、軽音楽部自体が1人では立ち行かないため、もろ廃部の危機だったわけだが、幸い、3年に進級した際に、同学年である平沢憂鈴木純が軽音楽部に入部。一応は廃部の危機を免れる。翌年のことは気にするな

ついでに、萌えマンガの宿命として、どう考えてもレッド・ツェペリンとニルヴァーナが好きな上級生を慕って入部する女子高生がいるとは思えないことも気にするな

萌えマンガには相容れない世界は多い。残念ながら

しかし、中央本線の特急あずさは中野駅を通過するのに中野梓とはいかがなものか。

関連項目[編集]


Azunyan-gekido.jpg こんなんじゃダメですーっ!!!ユーモアが感じられないです!ユーモアの欠落した文章すべて撤去すべきです!!唯先輩は早くこれを覚えて加筆してください!!
え、お茶がいいですって?もういい、やってやるです!!! (Portal:スタブ)