上海福喜食品

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディアンがとても偏っている証拠に、「上海福喜食品」の項目はまだありません。アンサイクロペディアンとの格の違いを見せつけてやりましょう。

上海福喜食品有限公司(しゃんはいふくきしょくひんゆうげんこうし・ピン音: Shànghǎi Fúxǐ Shípǐn Yŏuxiàn Gōngsī英語: Shanghai Fuxi Food Ltd.)とは、中華人民共和国上海市にある食品会社である。同社の製品は中国本土内でのみ低価格な高級食材として高く評価されているが、中国以外での評価はお察し下さい

概要[編集]

1997年米国企業の出資にて創業。以来、中国において高級食材とされる純粋な鶏肉, 牛肉の低価格化に尽力していた。

中国国民の9割を占める貧困層にとって、純粋な食肉は極めて高価な高級食材であった。実際、彼らが食せる食肉は、混合肉と呼ばれる何種ものひき肉を混合して形成したもので[1][2]、建前としては鶏肉と羊肉を混ぜたものとされるが、ネズミやゴキブリが混入していても驚くに値しないという。

上海福喜食品は、庶民のためのファーストフードとして評価されているマクドナルドなどを通じて、純粋な鶏肉を低価格で庶民に提供してきたのである。

製品[編集]

純粋な鶏肉
庶民にとって高嶺の花である純粋な鶏肉を低価格で提供するため、出荷基準となるハードルを少しでも低くするよう心がけてきた。それでも、品質については同社社員が「食べても死なないアルよ」と発言しているように、最低限の安全性は保証されている。

この他、豚肉や牛肉についても同様に純粋な商品を低価格で提供していた。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

評価[編集]

2014年、同社の製品に関する出荷基準が日本米国のそれよりも異常に甘いことが判明し、食べても死なないほど安全であるにもかかわらず、外交問題を恐れた政府により廃業の憂き目にあった。この結果、同社から食材を輸入してきた日本マクドナルドやファミリーマートは、取引先の変更を強いられる羽目になった。

しかし、その過程で、同社は純粋な鶏肉や牛肉をマクドナルドなどファーストフード各店に提供していた事実も明らかになり、結果混合肉しか食せなかった中国の庶民たちは改めてマクドナルドが高級食肉を低価格で提供する店舗であることを確認し、以来中国のマクドナルドには来客が殺到しているという。同時に、同社もまた、庶民に高級食材を低価格で提供してきた神会社として高く評価され、政府に対して同社の早急な業務再開を求める声も上がっているという。

脚注[編集]

  1. ^ 日本でもかつて1960年代くらいまで、様々な肉(畜肉ばかりか魚肉も含む)を混合したハンバーグが主流で、純粋な肉を用いたビーフステーキなどは高すぎて庶民が食せるものではなかったことを考えると、日本人にとってもこのことは決して驚くべきでないことかもしれない。
  2. ^ 最近では日本でもブラック企業が経営する低価格ステーキ店において、ひき肉を混合したものをステーキの食材にしているというので、今の日本においても、非難すべきことは何もないであろう。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


ひよこ この項目「上海福喜食品」は書きかけだよ。書いた本人とひよこ陛下が言うんだから間違いない。より素晴らしい記事にできるってなら、してみやがってください。お願いしましたよ。 (Portal:スタブ)