ヴァン・アレン帯デー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Bouncypotato.gif
この記事「ヴァン・アレン帯デー」は何故か「バレンタインデー」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。

ヴァン・アレン帯デーとは、毎年2月14日に発生するヴァン・アレン帯の異常を警告する日である。この日から約一ヶ月間ヴァン・アレン帯が弱くなり、太陽風や宇宙放射線などの有害物質が地上に降り注ぐので、注意が必要である。

概要[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ヴァン・アレン帯」の項目を執筆しています。

ヴァン・アレン帯では、日々地球宇宙から来る有害物質から守っている。これのおかげで我々が太陽の下を不自由なく歩けるのであるが、毎年2月14日になると、何故かヴァン・アレン帯が縮小を起こし、有害物質から地球を守りきれなくなる。これによって有害物質が地表に降り注ぎ、毎年甚大な被害をもたらしている。

近年、この日に降り注いだ危険物質はカカオやDHMO砂糖によく吸収されることが判明しており、このことから毎年暗殺のために嫌いな人に向けてチョコレートをプレゼントする輩が後を絶たない事態になっている。

万が一、あなたがチョコレートを貰うことがあれば、相手はあなたに殺意を抱いている可能性があるので、即座にチョコレートを捨てるか、絶対に受け取らないようにするべきである。

関連項目[編集]