メラルー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

メラルーとは、モンスターハンターというゲームに登場する神出鬼没の強盗団だニャ。狡猾かつ無謀なのが、僕らのポリシーニャ。それに、知能は人間と同じくらいだニャ。本当のことを言うと、僕らは好きで強盗やってるんじゃないニャ。裏で白猫というマフィアと手を組んでるんだニャ。だから、命令に背くと恐ろしい目にあうんだニャ。そんなことも知らずに、ハンターたちは物を盗まれないように、僕らを積極的に攻撃するニャ。とても悲しいニャ・・・。


生態[編集]

僕らは集落を作って、アイルー達と暮らしているニャ。アイルー達が食べ物を探さないで、ニコニコ動画ばかりやっているから、僕らが食べ物をハンターから盗んでいるのニャ。それで、ハンターに虐められるのニャ。ほんとムカツクニャ! そんでもって、逃げるときに貴重なポーチや高級なマグロ、さらには苦悩のうちに手に入れた猫の世の中での至高かつ究極の秘宝マタタビをハンターから強盗されるのニャ! そして手ぶらで集落に帰るとマフィアのボスから蝿叩きで尻をたたかれるニャ! とても痛いニャ! それで強盗団を辞めたいというと、特製のお仕置き用首輪を着けられて高圧電流を流されるのニャ! 本当にもう泣きそうだニャ!!

民族戦争[編集]

僕らはチャチャブー達と食料の関係からよく戦争を起こすニャ。勝敗は、ものすごく凶暴なチャチャブー族がいつも勝ってるニャ!負けた僕らやアイルー達は、チャチャブー達に捕獲され、チャチャブーに改造されるか、ネコバアのところに輸出されて奴隷として売られているニャ。なに? なぜ住処が違うチャチャブーたちと戦争になるかって? あんたさん、僕たちより酷い目にあいたいのかニャ? ヒッヒッヒッヒニャ・・・理由は企業秘密ニャ。まあ大人の事情というものがあるニャ。

白猫[編集]

前にも言ったけど、僕らの友達にニートアイルーがいるニャ。彼らに僕らはうまくこき使われてるニャ。でも、ハンターに攻撃されたときは助けてくれてるニャ。でも、アイルーたちは自分たちの利益しか考えてないから、ふざけて戦ってすぐやられちゃうから意味がないニャ・・・。ああ・・・もうほんとに猫に生まれたことを後悔するニャ。はぁ・・・


関連項目[編集]


Billyaniki.jpg 月刊 狩りに生きる」では、より多くの皆様により快適なハンター生活を送っていただくため、ハンターの皆様からの「メラルー」に関する情報を募集しております。お便りはこちらまで! (Portal:スタブ)