Beaujolais Nouveau

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

Beaujolais Nouveau (以下、ボジョレーまたはボージョレと表記)とは、バブル景気の残り香と独特の胡散臭さを楽しめるフランスワインである。

概要[編集]

ボジョレーは一般的なワインと異なり、長期熟成が出来ない。そのため発売元、小売店等は「如何に早く売り切って儲けるか」ということに長年心血を注いできた。わざわざ空輸するのも、ボトルラベルが毎年派手であるのも、白のボージョレや中国産ボジョレーが存在しないのも全て早く売り切るためのマーケティング戦略である(実際には白のボージョレは存在するが超がつくくらい希少)。バブル景気の頃に始まった発売解禁日の空騒ぎも11月風物詩として関係者の間で定着しつつある。

醸造元によると今年のボジョレーの出来栄えは「10年に一度の出来」であると報道された。昨年の出来栄えは「ここ10年で最高」であり、一昨年は「10年に1度の当たり年」であった。来年の出来栄えは「10年に1度の逸品」になるという予想も同時に発表されている。

表記[編集]

ラベルにはBeaujolais Nouveauとフランス語で記されている。だが日本においては輸入開始から数十年が経過しているが未だに「中黒を入れるか入れないか」「長音符を何本入れるか」といった重箱の隅を楊枝でほじくるような論争が絶えないため、表記の統一が図られていない。

ソムリエと新聞記者に支持者が多いボージョレ派、酒販店に支持者が多いボジョレー派の二大派閥が一般にはよく知られているが、ボジョレ派、ボージョレー派も少数であるが一定の勢力を保っている。なお広辞苑はボージョレー派である。

ウィキペディア日本語版においてはかつてボジョレー派が勢力を保っているが、ここ数年ボージョレ派の巻き返しも続いている。また日本語圏では少数派だったヌヴォー表記派も勢力を伸ばすなど今後も目を離せない。当記事においては中立的な観点を尊重して日本語による表記はあきらめ、フランス語で表記している。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ボジョレーワイン」の項目を執筆しています。
Bouncypotato.gif
この記事「ボジョレー」は何故か「ボジョレー・ヌーヴォー」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。


この項目「ボジョレー」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)