ホリデー快速

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
115系を使用していた、かつてのホリデー快速鎌倉。

ホリデー快速(ほりでーかいそく)とは、その名の通りJR東日本などの土曜休日ダイヤに突如出現する臨時列車である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ホリデー快速」の項目を執筆しています。

歴史[編集]

平日に比べて休日は、通勤・通学の為に鉄道を利用する人も減少し、列車の運行本数も控えめになっている。

線路の容量にも余裕が生じている為に、国鉄時代から主に首都圏から平日のルートとは一味違ったコースで車窓などを堪能してもらおうと臨時列車を運行させていた。

90年代に入り、JR東日本はこれらの列車にホリデー快速と命名・統一したのであった。

車両[編集]

かつては、国鉄165系電車などのような急行列車用の車両が運用に入っていたが、廃車の進行により運用から徐々に撤退した。

現在、中央本線などを走行する「おくたま・あきがわ」では、普段と同じJR東日本E233系電車が運用に入っており、武蔵野線などを走行する「鎌倉」では、183系185系が運用に入っている。

ヘッドマーク[編集]

臨時列車なので、それを表すヘッドマークは欠かせない。特に中央線・青梅線五日市線のホリデー快速が201系だったころは、普段は「中央特快」や「青梅特快」などの列車愛称が表示される場所に独自のマークを出していた。当然E233系になってからはそれは消滅してしまい、沿線住民の反感を買った。

代表的なホリデー快速[編集]

おくたま・あきがわ・みたけ[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ホリデー快速おくたま」の項目を執筆しています。

下りは早朝に新宿駅を発車し、青梅特快と同じ要領で拝島駅まで運行する。その拝島で分割して、青梅線奥多摩行を「おくたま」、五日市線武蔵五日市行を「あきがわ」と称してそれぞれの路線に乗り入れる。拝島駅では新幹線の福島駅・盛岡駅と全く同じ要領で分割・併合が行われる。ちなみに上りは東京駅まで運行するようになった。しかも、立川以東は普段の青梅特快と同じ停車駅で。

なお、この列車は臨時ではなく毎週現れている。また、ホリデー快速とは言っておきながら「あきがわ」は五日市線内各駅停車という快挙を成し遂げている。途中までは特別快速扱いなのでそれで収めているのであろう。

みたけ」は「おくたま」の御嶽駅止まりバージョンであったが、2001年に運行を終了した。

車両は、上記の通りE233系を使用。

鎌倉[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ホリデー快速鎌倉」の項目を執筆しています。

鎌倉を沿線に抱える横須賀線は、「いざ、鎌倉へ」のごとく週末になると観光客でにぎわった。そこで誕生したのが「ホリデー快速鎌倉」である。

最大の特徴は、武蔵野線への乗り入れである。武蔵野線は、本来貨物路線として企画されたので府中本町よりも南には旅客駅がない。しかし、それを平然と走り抜けるのである。そして、半端な場所に位置する南越谷駅で終わる。かつては小山駅まで乗り入れていたが、短縮されてしまった。東北本線に入って大宮駅に至るのも消えた。

車両は、かつての横須賀線と同じ塗装である115系を使用していたが、現在では上記の通り183系・185系を使用している。一般の乗客からすればサービスの向上と言えるが、鉄道教信者達にとっては、かつて横須賀線を走っていた113系と同じ塗装であった車両が撤退した為、賛否両論があるところである。

その他[編集]

同様の臨時列車はJR東海JR西日本でも運行されている模様。

しR束日本の管内でもホリデー快速は他にも沢山あるが、上記二つよりも運行される機会が少ない。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]


東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「ホリデー快速」は、延伸の案が出ています。延伸して下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)