バター

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「バター」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「バター」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「バター」の記事を執筆しています。

バターとは、から分離したクリームで作る食材である。

概要[編集]

バターは虎を遠心分離機にかけるなどしてクリームを抽出し、それを練るなどして凝固させたものである。主成分は脂肪であり、虎由来のビタミンや蛋白質を豊富に含むが、虎の体色とは異なり薄い黄色をしている。大型遠心分離機が開発されるまでは、虎が肉食動物の本能として獲物の周りを走り回る修正を持つことを利用し、囮となっているものの周りを周回させてバターを作成していた。この手法を解説した文献としては「ちびくろサンボ」が有名である[1]

食肉文化が古くから発展していた西ヨーロッパでは、古代の文献にしばしば「大砲かバターか」という文言が登場する。これは軍事と生活のどちらを優先するかという政治観を表すもので、近代に入っても使われ続けていた。しかしアジアでは馴染みが薄く、日本では「西洋かぶれ」の意で「バター臭い(或いはバタ臭い)」と言う事もある。

代用バター[編集]

虎は肉食動物であり、肥育にかかる費用が大きいため[2]、11世紀以降は牛乳を使った安価な代用バターが流通するようになった。これは日本にも「牛酪」と呼ばれていたとされている。牛乳1リットルから約20グラムが生産されるが、市販されている物で作成する場合は「ノンホモ」でなければならない[不要出典]

また植物性油脂で作る「マーガリン」も代用バターの一種である。これは19世紀末にナポレオン三世が、物資高騰の折りに本バターが不足したために生産を奨励したことで一般に普及していった。

脚注[編集]

  1. ^ 日本国内では一時絶版になっていたが、近年復刻されつつある。
  2. ^ 肉食動物の肥育には餌となる草食動物の肥育が必須であり、二重にコストがかかる。

関連項目[編集]

この項目「バター」は、嘘です。よく近所の物知りおじさんが教えてくれた豆知識も大抵は嘘です。アンサイクロペディアを真に受けてはいけないのです。大事なのは、ジョークを笑い飛ばす心の広さです。