ディオゲネス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

Icon-not-under18.png この項目には、18歳未満には有害な記述が含まれています。

下の毛がまだ生えていない等の理由で情報入手に法的制約のある方は、お母さんに見つからぬよう背後の気配に細心の注意を払いつつ閲覧してください。アンサイクロペディアの連中は、そんな面倒臭い検閲を行っておりません

ディオゲネス(英:Diogenes、紀元前412年? - 紀元前323年)は古代ギリシア変態哲学者である。アンティステネスの弟子で、ソクラテスの孫弟子に当たる。シノペ生れ。犬儒派(キュニコス派)の思想を体現して犬のような生活を送り、「犬のディオゲネス」と言われた。また、大樽を住処にしていたので「樽のディオゲネス」とも言われた。

概要[編集]

彼の趣味は道ばたで公然と自慰をする事であった。「擦るだけで満足できて、しかも金もかからない。こんなに良いことは他にない。」 「食欲もこんなふうに簡単に満たされたらよいのに」と言った。 このような変態だから、大勢の人に嫌われたと思われるが、さにあらず。古代ギリシャの人たちにディオゲネスは愛された。「このような変態は許さん!」と空気の読めない馬鹿がディオゲネスが住処にしている甕を割ったとき、みんなは別の甕を用意して彼に与えたという。 おそらく古代ギリシャの人たちは、公然と自慰をする事に憧れを抱いていたのだと思われる。御存知の通り、古代ギリシャには全裸の男女の石像があちこちに立てられていた。至る所にオカズになるエロ彫刻が並べられているのに、それを実際にオカズにして自慰をするのは、自分の家に帰ったあとの事。このような状況に不自由を感じていた人が多かった事は、想像に難く無い。誰もがやれない事を堂々と実行するディオゲネスに憧れる人が多かったのは、当然であると言えよう。 かのアレキサンダー大王も、ディオゲネスに憧れているひとりであった。

「私がもしアレクサンドロスでなかったらディオゲネスになりたい」
ディオゲネス について、アレキサンダー大王
注:アンサイクロペディアは、嘘と出鱈目にまみれています。
ここに書かれた内容は嘘や出鱈目である可能性が高いです。
…と、言いたい所ですが、アンサイクロペディアにあるまじき事態なのだが……以上の逸話は全て事実なのである。
他に信じられない例としては、ルーデルとかシモ・ヘイヘとか…何? そういうのとは全然違うって?! いや、そうなんだけど、これも事実なんだって!

関連項目[編集]

大声で奇声をあげながら全裸でストリーキングする変態
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ディオゲネス」の項目を執筆しています。