ダメよ〜 ダメダメ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ダメよ~ ダメダメから転送)
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「ダメよ〜 ダメダメ」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

ダメよ~ ダメダメとは、日本の腹話術師、日本エレキテル連合ネタである。

概要[編集]

2012年、日本エレキテル連合は、子供を叱るなまはげのような存在でいたいと考えていた。そんな彼女が目にしたのは、70歳近い老人男性が、50代の未亡人を口説く姿であった。「いいじゃないのぉ〜」と、色仕掛けを使って口説く老人であったが、未亡人は同じく色目を使いながら、しかし威厳ある態度で、ダメよ~と切り返した。そんな威厳あふれる未亡人の姿を見た彼女は、「パペットにこの未亡人の役をやらせれば、子供を叱るなまはげのような腹話術師になれる」と考え、早速今まで名前のなかったパペットに「朱美」という名前を与え、顔を白く塗装し、自らにも口説いていた老人男性のような、特徴的なメイクを施した。それが、ダメよ~ ダメダメという言葉の誕生した瞬間である。

反響[編集]

そんななか、2014年に、それまで細々と活躍していた日本エレキテル連合は、一気に全国区への進出を果たした。彼女とパペットの独特な風貌と、その1人と1体の織り成す持ちネタ、ダメよ~ ダメダメは、テレビの前のお友達に、ユーモアにあふれたひとときと、なまはげが来たかのような恐怖感を与えた。

しかし、「君の目の前にある悪いことは全部妖怪のせいだ」と言うことで、逆説的に「妖怪と友達になる」、すなわち悪いことを子供たち自身の力で解決させようとしたゲームのように、目論見どおりにならない事例もあった。母親にダメよ!と言われた子供が、ダメよ~ ダメダメと切り返し、母親の威厳を失墜させる事件が発生したのだ。

そんな日本のお母さんたちが、威厳を持ち続けるためには、彼女への協力が不可欠だが、そのためにもお母さんたちは、「いいじゃないのぉ~」とわがままを言う子供に対し、この言葉を言い続けなければならない。

ダメよ~ ダメダメ

流行した理由[編集]

日本エレキテル連合の大先輩である、パペットマペットは、エンタの神様というコント番組に出演したことがきっかけで流行した。パペットマペットが活躍した時代には他にも、爆笑オンエアバトルや、笑いの金メダルなど、数々の若手の登竜門と言えるコント番組が軒を連ね、数々のユーモアの探求者たちを世に送り出していった。

しかし、2014年現在においてはこのようなコント番組はほぼ絶滅したため、彼女がブレイクしたのは運に恵まれていたからといえるが、この「運」が何だったのかについては諸説ある。

ステマ説[編集]

彼女の所属するタイタンが、テレビ局などにお金を渡して売り込んでくれていたから、すなわち、ステルスマネジメントによって成功を掴んだのではないか?という説。24時間テレビに出演した際、小林旭が彼女の存在を知らなかったことが根拠とされる。

しかし、消費者庁が動いているわけではないので、これはただの妄想にすぎないというのが主流の見解である。

世相反映説[編集]

この言葉が流行した2014年には、子供を叱る妖怪であるなまはげにはどうしようもない困った大人たちが世間を騒がせていた。例を挙げると、

そんな彼ら困った大人たちを叱ってくれる存在として、彼女およびパペットが期待されるようになったのではないのでは?という説。

特に意味はない説[編集]

このような、言葉によるユーモアは、人々の感情をつかむことからユーモアになるのであり、その理由を頭で考えること自体が、無意味なたわごとであるという説。現在の主流を占める見解である。

関連項目[編集]

この記事をこのままにしたっていいじゃないのぉ~
ダメよ~ ダメダメ。 (Portal:スタブ)