ダイハツ・ムーヴ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
このダイハツ・ムーヴは一応馬鹿にはなっていますが、文章構成など変なところがたくさんあります。
早くりっぱな馬鹿にしちゃってください。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ダイハツ・ムーヴ」の項目を執筆しています。

ムーヴ{MOVE 英:(動)動く}は、ナンバーワンを自称するダイハツ工業の生産する、動くハコである。かつては二人だった兄弟は、気付けば4人兄弟になっていた。

動く歴史[編集]

動く初代(1995年 - 1998年)[編集]

1995年8月25日、どうしてもDQN Rと対抗したかったダイハツは、対抗馬としてこれを開発した。対抗馬のDQN Rとは違って、全車5ドア軽トールワゴンで、発売当初からノーマルとカスタムを用意していたが、最初期のデザインは何とも言えないものだった。

エンジンは、エアコンを装備するためだけに枠が拡張された660ccに合わせて659ccの直列3気筒エンジンを搭載。肺搭載モデルには、直列4気筒エンジン(但し耐久性は

Mikuru Asahina.jpg
ごめんなさい。ごめんなさい。
この時代ではお伝えできない事実が含まれていたため、対象箇所は消去しました。

)を搭載していた。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

動く2代目(1998年 - 2002年)[編集]

1998年10月6日、軽自動車の規格が改定されたためにわざわざモデルチェンジ。それでもなお、地味ノーマルとカスタムを設定。ここで初めて「伝統」と言われる丸目が採用された。開発中はまだ20世紀だったため、カローシに見られたような劇的な形状の変化は見られない。

エクステリアは、何気なく自宇治あーろ率いるイタルデザインに○投げしたが、なんとなく当時のミラバンに似た顔をしているが、そこそこ売れたのでよしとしているが、大半はカスタムだった。

車高が低く、カーオーディオに特化した「エアロダウンカスタム」という車種が登場したのもこの頃。 発売当時盛んに「(DQN御用達でも)ええじゃないか~♪」というCMが放映された。

そしてムーヴとは初めて海を渡ったのもこの動く2代目である。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

動く3代目(2002年 - 2006年)[編集]

2002年10月15日、カジュアルで上質を謳った内外装デザインを無印では採用したが、カスタムでは相変わらず歴史を感じる丸めデザインをふしゅうして、地味に販売台数を伸ばした。カスタムではテールランプを地味にクリアにしてみたり、新型プラットホームを使ってみたりといろいろな試みをしてみたが、やはり DQN-Rの生産台数にはかなわなかった。

また、3代目からは動く派生車を販売開始した。そのなも「ムーヴラテ。なぜラテとつけたかと言うと、広報部が勝手に作った「大発珈琲店計画(Dihatsu Cafe Project)」に従うようにパ輪はらを開発担当者が受けたからというのは巷の噂に過ぎないが、ただ単に合わせたかったというのはあると思われる。 ラテ無き今は、ミラジーのSonic carの後継となるといわれていだだけミラココアが販売されている。オプションとかを付けていくと微笑むプレミアムになる。

動く4代目(2006年-2010年)[編集]

MC後に最も標準者がイケメンになったのが動く3代目である。カスタムは前期のがかっこよかったというのは筆者の個人的感想だろうか。いずれにしてもエクステリアデザインはダイハツにあった車のなかで最もかっこよかったと思う。あの車にこの車の顔を移植するファンもいるほど。

また、この台からは車好きに人気が全然ないセンターメーターを搭載して輸出に備えたが、ヨーロッパの一部にしか輸出していないため、別にセンターメーターにする必要はなかったのではないだろうか。昨今ではその鬱陶し邪魔さから若者はここにの皮(合成)やの皮(合成)を於いて車両火災を起こそうとしたり、ガチャガチャ並べまくってメーターを隠して走っている。

そしてこの台をベースにしたカクカクシカジカ四角いネイキッド形態II型と呼ばれているコンテを発売した。地味に水色が一番人気であるが、この車はダイハツのなかで最もインテリアが秀逸である(但しカスタムに限る)。

動く5代目(2010年 - )[編集]

最もイケメンだった仙台先代に代わり、最も不細工とかした無印と、地味にかっこいいがステラカスタムにはなりきれなかったカスタムが発売されたが、今は地味にあの陸奥等母子企業にステラとして水色を専用害繁殖にして供給している。カスタムにはWRブルーマイカ設定すればいいのに

アイドリングストップを搭載しており、その性能はSPも驚くほどでこの道と語り、この星を思う。ある。裏付けを表に出していいのか・・・。また、その性能を強調するCMではエンジンが縦置された映像があり、FFとしては珍しくエンジンを縦置しているためFR車への改造が容易である

世界滅亡の差し迫った2012年秋、宿命のライバルスズキのエコカー攻勢によって世に送り出された新たなる刺客新型DQN-Rの驚愕の燃費を打ち負かすべく、さまざまに施行を凝らした結果絶不評だったデザインもすっかり変更してMCモデルを世に送り出した。すると、スズキは早くも負けを認め、DQN-Rのカタログから「軽ナンバーワンの燃費」の言葉を削除し、DQN-Rの長い歴史に終止符を打った。

一方兄弟車のスバル・ステラもMCを果たし、「えっ、こんなに金かかRの?」とステラ専用エクステリアデザイン開発のためのコスト要求書を見てあきらめかけていたスバルの皆様はムーヴとは別のガーニッシュを付けることでかなりイケメンに仕上げることに成功し、カスタムではステラの方が圧倒的にデザインで勝っている為、ダイハツはムーヴカスタムの長い歴史に終止符を打った。

動く車名の由来[編集]

  • むーヴ【ムーヴ()move】(動)動く

動く関連項目[編集]


ペダルが引っ掛かります この「ダイハツ・ムーヴ」は、リコールのDMが届いていますアクセルペダルの交換をして下さるディーラーを求めています。 (Portal:スタブ)