ソオト語

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ナニモノかがウィキペディアに「ソオト語」の項目を執筆しましたが、要出典厨削除厨の暗躍により削除されてしまいました
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ソートキー」の項目を執筆しています。

ソオト語(そおとこ)は、主にウィキペディアやアンサイクロペディアの暗部で使われている、独特の言語である。ソウト語(そうとこ)とも表記されるが、ソオト語のほうが主流である。

概要[編集]

ウィキペディアやアンサイクロペディアで使われている、謎の言語である。日本語に使用されるひらがなが頻繁に使われているが、およそ日本人には解読不可能な読みがなされることが特徴である。これは、「ソオト語」という名前がソオト語では「そおと」と読まれることからも明らかで、ウィキペディアンアンサイクロペディアンの一部にのみその翻訳方法や表記の方法が知られているようである。また翻訳後のソオト語をもう一度日本語に戻す事はあああああああああ!語を日本語に再翻訳する事と匹敵するほどの難しさであるらしい。

このウィキペディアンやアンサイクロペディアンがまた厄介で、両事典に執筆をしにきた初心者に対し、ソオト語の使用を求めて執拗なまでに指導を重ねてくることがある。このために根付こうとした初心者を手放してしまうという事例も少なくないようである。

アンサイクロペディアで見られる例[編集]

オードリー → おおとりい
オードリーが神道に傾倒していることを示唆しているらしいが、たわごとである。
銀と金 → きんときん
ソオト語使用者には銀も金も区別がついていないらしい。
紀元水 → きけんすい
ソオト語使用者は紀元水が危険であることを早期から認知していたと思われる。

補足[編集]

  • ちなみにアンサイクロペディア(Uncyclopedia)はソオト語であんさいくろへていあ(Uncyclohetaia)である。そこはかとなくイタリア語っぽくなっている。
  • ウィキペディアにおいてソオト語は、白紙化され保護されている。理由は不明。

関連項目[編集]

Stop crap.png クソ記事に注意!!
この記事はクソです。筆者自身がそれを認めます。
この項目「ソオト語」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)