シンギュラリティ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「シンギュラリティ」の項目を執筆しています。

シンギュラリティとは、技術的特異点により出現する、世界を終わらせる大魔王である。

AIの進歩に対する警鐘[編集]

我、シンギュラリティが世界を終わらせる

20世紀末頃よりコンピューター技術が進歩し、人工知能(AI)が開発されるに至った。AIは当初、画像認識や自動運転の分野で利用が広まり、客扱いのなっていない医者や運転士の高給取りを失業させてくれると歓迎されていたが、自分たちの地位もAIに脅かされる段階に至って科学者達は「AIの危険性」を指摘するようになったが、既に手遅れだった。すなわち、「日進月歩で進歩するAIは、遂には人間より賢くなり、いずれは確実に人間が作れないような驚異的な怪物を創り出す」というSFの虚構が現実となり、超越魔王シンギュラリティが生まれた。

出現する時期[編集]

現代の科学者たちは、時空を超えて予言するシンギュラリティの言葉から、出現時期を2045年であるとしている。なんと2000年に生まれた子供が中年になる頃ではないか。白衣を着て自信満々にシンギュラリティの夢を語る科学者たちは人類を滅亡させる現代のマッドサイエンティストに他ならない。

アンゴルモアの大王との関係[編集]

一部の研究者は、「50年程度のズレはあるものの、ノストラダムスが予言した恐怖の大魔王・アンゴルモアと同じ存在である」としている。その論拠として「例えば、核戦争では人類は絶滅はしないが、シンギュラリティは確実に世界を終わらせるため」としている。その時、AIで労働義務から解放されると妄想していた人類たちは、シンギュラリティの発明した強制収容所に連れ込まれ、AIがあるとき糸を巻いて絶滅するという当然対策されていて決して起こりえない妄想を自らが絶滅するまで続けることだろう。

対抗手段[編集]

正義のAIロボット、ジャンパーソンがシンギュラリティを倒してくれる

各国の首脳と研究者達がテレビ朝日に問い合わせたところ、「AIが生み出すシンギュラリティの繰り出す矛には、同じくAIを搭載した正義のロボットの盾で対抗すればよい」と人工知能の音声で回答が得られた。AI最強の人類攻撃性能を持つと称するシンギュラリティ魔王に、AI最強の人類防御性能を搭載した純粋ロボットのジャンパーソンをぶつければ、必殺技「コントラディクシオンバースト」が発生し、シンギュラリティのAI最強伝説が自己崩壊するという訳である。

確かに自己崩壊するが、敗者がジャンパーソンだったらどうするのかというクレームに対して、シンギュラリティを開発する世界の科学者たちは戦々恐々としている。

関連項目[編集]