ゲームボーイミクロ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ゲームボーイミクロ」の項目を執筆しています。

ゲームボーイミクロは、ゲームボーイミクロサイズにしたもの。日本の高度な技術を駆使して作られた逸品だが、小さすぎて普通ゲームをすることはできない。

遊び方[編集]

ゲームボーイミクロ
  1. 0.1μmレベルで観察可能な顕微鏡を用意します。
  2. ゲームボーイミクロ専用ソフトを入れます(ここで間違えると壊れてしまいます!)。
  3. 電源を入れます(誤って液晶を押さないように!!)。
  4. がんばって液晶ではなく、ボタンを押しましょう。

もちろん遊ぶことができるのはそのような道具を持っている人だけである。

データ[編集]

  • 作成会社・・・・・任天堂
  • 重さ・・・・・・・軽すぎて測定不能。
  • 大きさ・・・・・・詳細不明
  • 色・・・・・・・・ゲームボーイと同じだけのバリエーションをそろえている。
  • ソフト・・・・・・156種類

小さすぎるため、殺傷武器としては扱えないが、隠密作戦時などに超小型偵察機としてはたぶん使用可能である。

元祖ゲームボーイとサイズの比較をすればほとんどの人が腰を抜かすといわれている。

主なソフト[編集]

など多種多様なソフトが製作されている。

制作方法[編集]

ここまで小さいとハードもそれにさすソフトもどうやって作るか誰でも気になるところだがその秘密を知ろうとした人物は任天堂により抹殺されたため知らないほうが幸せに過ごせるだろう。

ユーザー[編集]

残念ながら人間には使用することができない大きさのため主に小人が使用するとされる。また電子顕微鏡を使って科学者がゲームに挑戦したが電源ボタンが押せず断念したという。

ちなみに数々の難関を征しプレイに成功したつわものもカセットの差し替えを失敗し壊してしまった。つまり一度さしたソフトを抜くことは至難の業であることが分かる。

関連項目[編集]


この項目「ゲームボーイミクロ」はまだまだミクロな記事です。任天堂は何をやっとる!というわけだ。そこで、そこの。そうだよ。きみ。技術者だろ。改良してくれないか。まあ、記事の短さでゲームボーイミクロの小ささを表現するのもありだが・・・・・・。 (Portal:スタブ)