クライマックスシリーズ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

クライマックスシリーズは、ダウンタウンのごっつええ感じを筆頭とするバラエティ番組によくある「最後の問題に正解したら10000点です!」「なんでやねん!」に匹敵する寒いオープン戦のひとつ。毎年に開催されるプロ野球チームの最後の金稼ぎでもある。

通称CS(ちょっと、それじゃ今までのはなんだったんですか)。なお、本項では導入の前フリとなったパシフィック・リーグのプレーオフ制度についても記述する。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「クライマックスシリーズ」の項目を執筆しています。

プレーオフ制度の導入[編集]

CSの風物詩福岡ソフトバンクホークスはCSに9回出場し(うち5回はシーズン1位での進出)3回日本シリーズに出場しています

2004年、日本プロ野球はセ・リーグとパ・リーグの人気格差が拡大し、パ・リーグに行ってもぜんぜん儲からないことから、1リーグ制の途を模索していた。とは言え、ナベツネが「パ・リーグなんかと一緒にしたらウチの稼ぎがなくなるだろうが、たかが選手が」と発言し、その望みが絶たれる。また、他のセリーグの各球団も「巨人や阪神とのカードが少なくなった場合、せっかくの稼ぎが半分になる」との危惧からこれを猛烈に後押し。ダイエーとか近鉄とか親会社が不採算の球団をかかえたパ・リーグは独自の道を見出す必要があった。

これと関連してかしないでか、パ・リーグは話題づくりのためにセ・リーグより1週間早く開幕するように日程を設定しており、ドーム球場の多さから中止試合も少なく、シーズン終盤は巨人と阪神の優勝争いに国民が盛り上がるのを指をくわえてみているしかなかった。このときヒマしている選手を酷使させ、もう一稼ぎさせようとして導入したのがプレーオフ制度である。

セ・リーグの追随 クライマックスシリーズ[編集]

プレーオフ制度の導入により、パリーグ最大の金満球団となった糞フトバンクが優勝できないことから、博多を中心とした九州全体でヤケ酒による経済効果が上昇。また、プレーオフに勝つためのハードワークとドーピングのため、パ・リーグのチームばかり優勝するという状態が発生。その顕著な例が2005年である。この年の日本シリーズの結果がCS導入を後押ししたのは言うまでもない。

また、「試合がなきゃ儲からん」と考える巨人がセリーグのプレーオフ制度導入を強烈に支持。

万年Bクラスのその他球団も、「優勝争いに絡んで、テレビに映る機会が増えるかもしれない」という淡い想いから、これに同意。結局2007年から導入が決まり、ついでに「クライマックスシリーズ」という略しにくい長い名前に変わった。

ルール[編集]

  • 参加する権利があるのは、各シーズン3球団。これは、セ・リーグの金持ち球団が3球団(中日、阪神、巨人)だからである。
  • 「ファーストステージ」と称して、各シーズンの2位と3位が、2位チームの本拠地において、気が済むまで試合をする。あまり長く続けると1位チームが休んで体力が回復してしまうので、だいたい2勝したら終わり。
  • 「ファイナルステージ」と称して、ファーストステージ勝者が、シーズン1位チームと、1位チームの本拠地において、飽きるまで試合をする。あまり長く続けると「日シリはまだか」とファンが離れてしまうので、だいたい3勝か4勝したら終わり。
  • ソフトバンクはこのシリーズを制覇してはいけない(前述の経済効果のため)
  • 阪神とオリックスはこのシリーズで勝利してはいけない。
  • DeNAはこのシリーズに出場してはいけない。

歴代優勝チーム(参加チーム)[編集]

プレーオフ時代[編集]

クライマックス・セ[編集]

  • 2007年 - 中日巨人・中日・阪神
  • 2008年 - 巨人(巨人・阪神・中日)
  • 2009年 - 巨人(巨人・中日・ヤクルト…さっき話した目的はどうしたの? あれ、阪神は? そのような質問に対するご回答はお察しください
  • 2010年 - 中日(中日・阪神・巨人)
  • 2011年 - 中日(中日・巨人・ヤクルト)
  • 2012年 - 巨人(巨人・中日・ヤクルト)
  • 2013年 - 巨人(巨人・阪神・広島
  • 2014年 - 阪神(巨人・阪神・広島)ファイナルステージの試合内容についてはお察し下さい
  • 2015年 - ヤクルト(ヤクルト・巨人・阪神)
  • 2016年 - 広島(広島・巨人・DeNA
    • ついにこの年、DeNAのCS出場が解禁される。

クライマックス・パ[編集]

  • 2007年 - 日本ハム(日本ハム・ロッテ・ソフトバンク)
  • 2008年 - 西武(西武・オリックス・日本ハム)
  • 2009年 - 日本ハム(日本ハム・楽天・ソフトバンク) これによってパは全球団がポストシーズン進出を果たした。セについてはお察し下さい
  • 2010年 - ロッテ(ソフトバンク・西武・ロッテ) 3位のロッテが遂に日本シリーズへ進出して日本一になってしまう事態に
  • 2011年 - ソフトバンク(ソフトバンク・日本ハム・西武)
  • 2012年 - 日本ハム(日本ハム・西武・ソフトバンク)
  • 2013年 - 楽天(楽天・西武・ロッテ)
  • 2014年 - ソフトバンク(ソフトバンク・オリックス・日本ハム)
  • 2015年 - ソフトバンク(ソフトバンク・日本ハム・ロッテ)
  • 2016年 - 日本ハム(日本ハム・ソフトバンク・ロッテ)

導入の功罪[編集]

CSの利点[編集]

  • リーグ優勝なんて誰も気にしない
  • でもリーグ優勝チームもCS突破チームも記念セールができるので、経済が活性化する。またリーグ優勝+CS突破ならば、CSがなかった時と比べて、1回余分にセールができる。
    • 優勝チームの胴上げとビールかけが増えるため、腱鞘炎になる選手が現れ、耐用年数が低下する
  • 試合数が増え、客もそこそこ集まるので、球団が儲かる。
  • 選手をシーズン終盤に酷使することで、耐用年数を低下させ、成績を落とす。その結果、年俸の上昇が抑えられ、球団が儲かる。
    • これと同様の目的で導入されたのがWBCである。
  • 日本シリーズでは短期決戦に強く、現時点で強いチーム同士の勝負となるので、2005年のような悲劇でファンを落胆させにくくなる。

CSの欠点[編集]

  • シーズン「3位」の球団まで「優勝争い」という論理的に破綻している命題を提示することで、正常な思考回路をした野球ファンの思考を停止させる。
  • 3位争いという誰も気にしなかったニュースに衆目をひきつけ、経済活動を不活性にする。
  • Bクラスに転落した球団は、「優勝争いもできない、テレビに映らない、儲ける機会がない」という三重苦を味わい、なおさら翌年の体力が低下する。
    • この戦略が見事に成功し、上位球団の囲い込みに成功したのがセ・リーグである。
  • 短期決戦に弱いチームここ一番でやらかすお笑い球団近鉄を吸収した金貸し屋さん球団などには断然不利なため、始まる前からファンを落胆させやすくなる。

関連項目[編集]