G-SHOCK

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
2016年8月25日 (木) 11:05時点におけるゴッド渋谷 (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「G-SHOCK」の項目を執筆しています。

G-SHOCK(じい・ショック)とは、認知症の爺さま方に電気振動によるショックを与えて回復させるための治療機器。婆さま方には使えない。

概要[編集]

元々は、開発者が認知症になりかけたことで、もう二度と同様の経験をしないように作られた物である。裏蓋から電流を流すか、あるいは内部のバイブレーションモーターから定番の「ブブブブブ」音を出して爺さまにショックを与える。

また「老人を大量に流す」という開発者の勝手な理論を元に腕時計には20気圧防水、または、普通老人よりも大量のをかく人用にISO規格準拠200m老人用防水が搭載されている。

なお、若者に向けても同名の製品が販売されている。このタイプの製品は、若者が自慰に耽っている最中に母親が突如部屋に入ってきたりするなどのアクシデントによって若者に強烈なショックを与えるもの(通称: 自慰・ショック)であるが、目的は不明である。